🎉

WSL2にKaliを入れてみる 2023年1月版

2023/01/18に公開約1,400字

環境

Windows Terminalのインストール

Microsoft Storeからダウンロード

WSL2の有効化

PowerShell(管理者権限)で起動して以下を実行

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

正常終了したら再起動

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

正常終了したら再起動

以下のパッケージをダウンロードして実行

x64 マシン用 WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージ

その後以下を再度PowerShell(管理者権限)で起動して実行

wsl --set-default-version 2

Kali Linuxのインストール

Microsoft Storeからダウンロード

その後以下を再度PowerShell(管理者権限)で起動して実行

wsl --install -d kali-linux

Kaliにて

sudo apt update
sudo apt update && sudo apt install kali-linux-large
sudo apt update && sudo apt install kali-win-kex

Kali GUI起動

kex --win -s -m

Discussion

ログインするとコメントできます