💡

【LINE】LINE開発における「チャネル」を理解する

1 min read

こんにちわ!BULB加藤です。

今回はLINE開発の中で必ず出てくるチャネルの概念について解説します。

LIFFアプリやLINEミニアプリなど、LINEの開発ではまずはチャネルの設定を行います。しっかり理解して進めていきましょう!

チャネルとは

LINEの公式ドキュメントにはこのように記載されています。

チャネルは、LINEプラットフォームが提供する機能を、プロバイダーが開発するサービスで利用するための通信路です。チャネルを作成するには、名前、説明文、およびアイコン画像が必要です。

https://developers.line.biz/ja/docs/liff/getting-started/#_2-チャネルを作成する

LINEが提供する便利な機能を使うための通り道

いまやアクティブユーザー数が8000万人を超えるLINE。

その圧倒的なユーザー基盤を活かしたLINEアカウントでのログインをできるようにしたり、LINE内に簡易なアプリを作ることで既存のサービスの幅が大きく広がります。

そういったLINEが提供する機能を使うために、手元で開発中のアプリケーションからLINEへつながるための通り道がチャネルということになります。

チャネルは全部で5種類

チャネルは5つあり、それぞれ提供する機能が異なります。実現したい内容に合わせてチャネルを選択しましょう。

  • LINEログイン (LINEログインをウェブアプリやネイティブアプリに組み込む)
  • Messaging API (自身のサービスとLINEユーザーの双方向コミュニケーションを可能にする機能)
  • CLOVAスキル (AIアシスタント「Clova」関連のチャネル)
  • ブロックチェーンサービス (「LINE Blockchain」を基盤としたブロックチェーンサービスを構築)
  • LINEミニアプリ(LIFF上で実行されるwebアプリ)

注意 : LIFFを追加できるのはLINEログインだけ

LIFFはLINEが提供するウェブアプリのプラットフォームで、LINEミニアプリなどを作成する際にも利用することになります。

なんとなくMessagingAPIなどでもLIFFが使えるような感じがしますが、2020年1月からLIFFが追加できるのがLINEログインだけとなりました。

LIFFアプリを開発したいときや、LIFFを試したいときにはLINEログインチャネルを選択して進めるようにしましょう。

Discussion

ログインするとコメントできます