🛸

シェルスクリプトでスペースを含む文字列をコマンドにわたす

2022/10/12に公開約1,300字

音源ファイルパスのリストを読み込み、コーデックを取得するシェルスクリプトを作成しました。
ファイル名にスペースが含まれている際に、コマンドを意図した通りに実行することができず困ってしまったので、対処法を残しておきます。

NG: 読み込んだファイルパスをそのままコマンドにわたす

ファイル名にスペースが入っていると、$file がスペースで分割されて複数の引数として認識されてしまう。

#!/bin/bash

cat filepath.txt | while read file
do
  ffprobe -loglevel quiet -show_streams -print_format json $file
done

NG: 読み込んだファイルパスをエスケープしてコマンドにわたす

ファイルパスをエスケープしてみたが、結局 $escaped がスペースで分割されてしまうのは変わらず、複数の引数として認識されてしまっている様子。

#!/bin/bash

cat filepath.txt | while read file
do
  escaped=printf %q "$file"
  ffprobe -loglevel quiet -show_streams -print_format json $escaped
done

ただし、コマンドライン上ではファイル名にスペースを含む場合は、スペースをエスケープすれば正しくコーデックが取得できた。

ffprobe -loglevel quiet -show_streams -print_format json 11¥ zenn.mp3

OK: 読み込んだファイルパスを引用符を使ってコマンドにわたす

$file" で囲むと、スペースが含まれても正しくファイルパスを読み込んでくれた。
これはダブルクォートで囲むと1つの文字列として扱われるため。

#!/bin/bash

cat filepath.txt | while read file
do
  ffprobe -loglevel quiet -show_streams -print_format json "${file}"
done

その他の引用符

シングルクォート '

変数展開やワイルドカード等の意味のある文字列もただの文字列として扱われる。

echo '${single}'
# ${single}

バッククォート `

バッククォートで囲まれた文字列をコマンドとして実行した結果の標準出力の文字列として扱われる。

echo `whoami`
# root

最後に

コマンドラインではファイル名をエスケープして意図した通りに動かすことができていたので、シェルスクリプトでも同じ考えで進めていたら困ってしまいました。
意図した通りに動かすことはできるようになったのですが、コマンドラインとシェルスクリプトとで何が異なっていたのかは宿題事項です。詳しい人がいたら教えてください。

Discussion

ログインするとコメントできます