🥳

ドラえもんのひみつ道具コエカタマリンをARで再現した

1 min read

ドラえもんで出てくるコエカタマリンをARで作りました。
壁や物にぶつかると落下し、床に散らばります。

コエカタマリンとは

しゃべった言葉が3Dの文字として口から飛び出すというひみつ道具です

#機能
- マイクボタンを押しながら喋ると、しゃべった言葉が立体の文字になり飛び出します
- テキストを入力して立体文字を表示させることもできます
- 録画機能
- iosのみ

仕組み

開発環境

Unity
ARFoundation
ARKit

音声認識

SFSpeechRecognizerを使用しました
GithubにUnityでSFSpeechRecognizerを使えるコードがあったのでそれを利用しました
Speech-And-Text-Unity-iOS-Android-master

3D文字生成

自分で作れると思ったけど思っていたより難しくアセットを使いました
FlyingText3D

感想

やっぱりLiDARだと平面の認識早いですね
憧れのひみつ道具が実際に使えるようになって面白かったです笑
ぜひLiDARがついているiOS端末で遊んでみてください

ぜひ使ってみてください!
インストーはこちら↓↓
コエカタマリンAR

twitterもフォローお願いします!
@Brian3546

Discussion

ログインするとコメントできます