PHP 7.4.5を導入してみる (CentOS 7)

1 min read読了の目安(約1500字

2020/03/19 にリリースされた、PHP 7.4.4 を CentOS に入れてみます。

注意事項

この記事に記載されている内容を実行し、発生したいかなる問題について執筆者は一切責任を負いません。自己責任でお願いします。

基礎情報

環境

CentOS

  • OS: CentOS 7.7.1908 (cat /etc/*-release)
  • アップデート前バージョン: 7.3.1 (php -v)

アップデート作業

すべての作業を root または sudo で行っているものとして記載します。

0. 必要に応じて、epel-release と Remi リポジトリをインストールしておきます

yum install epel-release
rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/remi/enterprise/remi-release-7.rpm

1. php7.4 があるかどうかを確認しておきます

yum list php74* --enablerepo=remi を実行し、php7.4 が存在するかを確認しておきます。
さらに yum info php74-php-cli を実行しバージョンを確認しておきましょう。私の環境ではこう表示されておりました。

利用可能なパッケージ
名前                : php74-php-cli
アーキテクチャー    : x86_64
バージョン          : 7.4.4
リリース            : 1.el7.remi
容量                : 3.4 M
リポジトリー        : remi-safe
要約                : Command-line interface for PHP
URL                 : http://www.php.net/
ライセンス          : PHP and Zend and BSD and MIT and ASL 1.0 and NCSA and
                    : PostgreSQL
説明                : The php74-php-cli package contains the command-line
                    : interface executing PHP scripts,
                    : /opt/remi/php74/root/usr/bin/php, and the CGI interface.

2. インストールします

sudo yum install php74 php74-php-mbstring php74-php-gd php74-php-mysql php74-php-pdo --enablerepo=remi で php7.4 とほかの関連のものをインストールします。

3. PHP のバージョンを確認しましょう

php74 -v を実行し、PHP のバージョンを確認しましょう。これが 7.4.5 になっていればインストール成功です。