6️⃣

ConoHaVPS + Cloudflare で IPv6 に対応する

2022/12/03に公開約6,500字

ConoHa の VPS を IPv6 対応させて、Cloudflare の DNS に設定してみます。

公式記事として IPv6 を VPS へ設定する があるのですが、CentOS での設定方法しか記載されていないので、この記事では Ubuntu でやってみます。
サブドメインのために CNAME を使って対応させる話も含んでいます。

なお、Cloudflare で プロキシ をオンにしている場合、Cloudflare とオリジンサーバ間 を IPv6 対応させる話になります。Cloudflare では Enterprise プランでない限り IPv6 Compatibility がオン になっているためです。

環境

この記事では、サンプルドメインとして example.comsub.example.com を使います。

  • 作業日: 2022/11/18, 2022/11/30
  • ConoHa VPS
    • Ubuntu 22.04.1 LTS
    • nginx 1.21.4
  • Cloudflare
    • ネームサーバを Cloudflare のネームサーバに設定し、Cloudflare で DNS 管理をしていること

作業

ざっくり以下の流れで作業します。

  1. nginx の設定を確認し、IPv6 が有効になっているかを確認します。
  2. ConoHa VPS に IPv6 のアドレスを割り当てます。
  3. Cloudflare の DNS 設定に、AAAA レコードを設定します。必要に応じて、CNAME レコードも設定します。
  4. プロキシ設定を解除したうえで、 nslookup を使って設定が反映されていることを確認します。

nginx の設定を確認

nginx の設定を確認し、IPv6 で Listen しているかを確認します。

nginx.conf などを確認し、listen [::]:80; などがあるかを確認するか、sudo lsof -i:80 を実行して以下のように IPv6 で Listen しているかを確認してください。

$ sudo lsof -i:80
COMMAND   PID   USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
nginx   20637   root    6u  IPv4  73100      0t0  TCP *:http (LISTEN)
nginx   20637   root    7u  IPv6  73101      0t0  TCP *:http (LISTEN)
nginx   20638 nobody    6u  IPv4  73100      0t0  TCP *:http (LISTEN)
nginx   20638 nobody    7u  IPv6  73101      0t0  TCP *:http (LISTEN)

SSL/TLS のポートである 443 番ポートも IPv6 で Listen していることを確認してください。

VPS に IPv6 のアドレスを割り当てる

この項では、以下の 3 つに分割して解説しています。

  • VPS に IPv6 アドレスが割り当てられていないかを確認する
  • 利用可能な 17 個の IPv6 IP アドレスを確認する
  • IPv6 アドレスを割り当てる

VPS に IPv6 アドレスが割り当てられていないかを確認する

ConoHa VPS 上で立てた Ubuntu では[1]、立てた VPS に IPv6 のアドレスが割り当てられていないようです。
検証していた限り環境によってかなり状況が違いそうなので、まずは IPv6 のアドレスが VPS に割り当てられていないかどうかを確認しましょう。

コマンド ip addr show eth0 を実行し、以下のように inet6 から始まる行で 2400:8500:1302:776 から始まる IPv6 のアドレスがあれば割り当てられています。

$ ip addr show eth0
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether 02:01:76:1b:72:94 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    altname enp0s3
    altname ens3
    inet 111.11.111.111/23 metric 100 brd 111.11.111.111 scope global dynamic eth0
       valid_lft 64352sec preferred_lft 64352sec
    inet6 2400:8500:1302:776:111:11:111:111/64 scope global
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::1:76ff:fe1b:xxxx/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
割り当てられていない場合

inet6 の行はあるものの、リンクローカルアドレスしか設定されていません。

$ ip addr show eth0
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether 02:01:76:1b:72:94 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    altname enp0s3
    altname ens3
    inet 111.11.111.111/23 metric 100 brd 111.11.111.111 scope global dynamic eth0
       valid_lft 64352sec preferred_lft 64352sec
    inet6 fe80::1:76ff:fe1b:xxxx/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

割り当てられていない場合、VPS に IPv6 アドレスを割り当てる必要があります。

VPS に IPv6 アドレスが割り当てられていないかを確認する

まず、VPS に割り当てることのできる IPv6 アドレスとゲートウェイを調べる必要があります。
ConoHa ダッシュボード にアクセスし、対象サーバのページを開きます。

その後、「ネットワーク情報」タブを開き、「タイプ」を「IPv6」に変更します。
ConoHa では 1 つの VPS につき 17 個の IPv6 アドレスが割り当てられている ので、「IP アドレス」欄で 17 個の IPv6 アドレスを確認できます。

どのアドレスを使ってもよいのですが、とりあえずここではわかりやすいように一番上の IP アドレスをメモしておきましょう。

IPv6 アドレスを割り当てる

/etc/netplan/10-gmovps.yamlvim などで開きます。<IPV6-ADDRESS> を先ほど調べた IPv6 アドレスに、<GATEWAY-ADDRESS> を先ほど調べたゲートウェイに書き換えた上で書き込んでください。

/etc/netplan/10-gmovps.yaml
network:
  ethernets:
    eth0:
      addresses:
        - <IPV6-ADDRESS>/64
      dhcp4: true
      dhcp6: true
      accept-ra: false
      optional: true
      routes:
        - to: default
          via: <GATEWAY-ADDRESS>
  version: 2

書き込んだあと、sudo netplan apply で適用できます。
適用後、ip addr show eth0 を再度実行し IPv6 アドレスをきちんと割り当てられているかを確認してください。
inet6 から始まる行で 2400:8500:1302:776 から始まる IPv6 のアドレスがあれば割り当てられています。

AAAA レコードを設定する

A レコードを追加するときと同じように、IPv6 版の A レコードである AAAA レコードを追加しましょう。
Cloudflare の DNS 設定から、以下のように AAAA レコードを追加してください。

CNAME レコードを設定する(サブドメインの場合)

sub.example.com などのサブドメインも IPv6 対応する場合、CNAME レコードをひとつ追加するだけでサブドメイン毎に A レコードと AAAA レコードの 2 つを用意しなくて済むようになります。以下のように設定しましょう。

以下は実際に運用しているサーバの DNS 設定画面なのですが、A レコードと AAAA レコードがそれぞれ 1 つずつしかなく、それに紐づく CNAME レコードが複数あるだけなので見やすくなっています。

設定反映を確認する

Cloudflare では Enterprise プランでない限り IPv6 Compatibility の関係で クライアントと Cloudflare 間 は元から AAAA レコードが存在し IPv6 での接続が可能なので、Proxied されているレコードに関しては安直に nslookup しても本当に設定できているかわかりません。
したがって、ここでは一時的に Cloudflare のプロキシ設定を解除し nslookup してみようと思います。

対象レコードの Proxy statusDNS only にします。

その後、手元のターミナルから nslookup してみます。

$ nslookup sub.example.com 1.1.1.1
Server:         1.1.1.1
Address:        1.1.1.1#53

Non-authoritative answer:
Name:   sub.example.com
Address: xxx.xx.xxx.xxx
Name:   sub.example.com
Address: 2400:8500:1302:776:xxx:xx:xxx:xxx

IPv4 のアドレスだけでなく、IPv6 のアドレスが表示されれば成功です。

脚注
  1. 2021/05 に立てた CentOS 7 のサーバは IPv6 アドレスが割り当てられていたものの、この記事を書いているときに検証用に立てた Ubuntu のサーバ[2]では割り当てられていなかったので、よくわかりません。IPv6 の DHCP をオンにしても振られませんでした。 ↩︎

  2. ConoHa さん、RAM 512 MB で Ubuntu 22.04 を立てると Kernel Panic する問題をなんとか解決していただけると非常にうれしいです…。参考: Twitter での検索結果 ↩︎

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます