Open1

【Google広告認定資格の勉強メモ】「マーケティング目標」と「ターゲティング オプション」設定

ターゲティング

「マーケティング目標」と「ターゲティング オプション」

ターゲティングでは、キャンペーンのマーケティング目標である

  • 認知度を高める
  • 検討段階での働きがけ
  • ユーザー行動の促進

などに合致した「ターゲティング オプション」を

正しく選択することで

  • 最適なタイミングで
  • 最適な場所に

広告を掲載することが可能になる。

目標と「ターゲティング オプション」

1. 「認知度を高める」

マーケティング目標が

  • 幅広いユーザーにリーチして
  • ブランドを最大限に露出したい

の場合。

候補となるターゲティングオプション

  • 「年齢性別によるターゲティング」

    自己申告データ × 推測データに基づく

    • 年齢
    • 性別
    • 子供の有無
  • 「アフィニティ カテゴリ」

    ライフスタイル、興味や関心、趣味など

    オンライン上のユーザー行動に基づく

    • 100を超えるセグメントから選択可能

    トピックへの興味の度合いも考慮される

    EX) 健康に気を使う、フィットネス好きのオーディエンスにリーチ

  • カスタム「アフィニティ カテゴリ」

    「アフィニティ カテゴリ」で対応出来ないセグメント

    独自オーディエンスを定義してターゲティング

    よりニッチなユーザーにリーチ出来る。

    EX)健康に気を使っていて、フィットネス好き、更に自転車などのアウトドアアクティビティに興味のあるオーディエンスにリーチ

2. 「検討段階で働きかける」

マーケティング目標が

  • 商品やサービスの購買意向があり
  • 商品やサービスを積極的に検討しているユーザーにリーチしたい

場合。

候補となるターゲティングオプション

  • 「購買意向の強いオーディエンス」

    商品やサービスに

    • 関心を示し

    積極的に

    • 閲覧
    • 検討
    • 比較

    している見込み顧客にリーチ

  • 「カスタム インテント オーディエンス」

    目的に合わせてオーディエンスをカスタム作成

    ターゲットを表す

    • キーワード
    • URL
    • アプリ

    などを指定 → オーディエンスが自動作成

  • 「類似ユーザー」

    • リマーケティングリスト

    を指定、または

    • 独自のユーザーリストをアップロード

    → 作成したリストに類似するユーザをターゲティング

3. 「ユーザー行動を促進する」

商品やサービス、ブランドに対して

  • 過去に興味を示したことのあるユーザーに再びリーチしたい

場合。

候補となるターゲティングオプション

  • 「標準リマーケティング」

    • 自社のサイトやアプリにアクセスして
    • 商品やサービスに興味を示した

    見込み顧客にリーチ可能

    EX)サイトで「カート放棄したユーザー」のリマーケティングリストを作成

  • 「動的リマーケティング」

    自社サイトで過去にユーザーが閲覧した商品やサービスを広告内に表示可能。

    予めアップロードしたデータを用いて動的に広告が生成される。

ログインするとコメントできます