【iOS14.6】SKAdNetwork Version 3.0 での変更点

1 min read読了の目安(約1600字

概要

iOS14.6のリリースに伴い、SKAdNetwork(SKA)もVer3.0にアップデート。

今回のアップデートにより、複数の広告ネットワークに対して

  • インストール検証ポストバック

が送信されるようになった。

新しいポストバックパラメータ「did-win」

複数の広告ネットワークに対して、検証ポストバックが実行される様になった為

従来のSKAポストバックに、新しいパラメータ

  • did-win

が追加された。(アトリビューションを判別するため)

「did-win」パラメータの値

「did-win」パラメータの値について

trueの場合

このポストバックを受け取った

  • 広告ネットワークがアトリビューションを獲得
  • このポストバックは1つの広告ネットワークのみが受信

falseの場合

このポストバックを受け取った広告ネットワークの

  • インプレッションがアトリビューション対象となったが

    獲得は出来なかった

did-win」がfalseである際の注意点

  • 最大5つのネットワークに送信される

    最新性と優先度が高い上位5つ

  • パブリッシャーのアプリIDは無し

  • コンバージョン値無し

適用される条件

SKA Ver3.0 のポストバックが適用される条件

  • パブリッシャーアプリがVer3.0のSKAに対応している
  • パブリッシャーアプリが最新の開発環境(iOS14.6 SDK以降)でビルドされている
  • 広告主アプリがiOS14.6以降で実行されている

Apple Developer Documentation

AppsFlyer(SKAローデータは6月より対応)