【AdMob】アプリ用のウェブサイトが無くてもapp-ads.txtに対応する

3 min read読了の目安(約2700字

概要

「Firebase Hosting」を使って、AdMobの「app-ads.txt」を設置する手順です。

個人開発などで、アプリ専用のドメインやウェブサイトが無い場合でも、取り急ぎ無料で対応可能です。

Firebase CLI の準備

homebrew、nodebrewをアプデ

# homebrew
brew update
# nodebrew
brew upgrade nodebrew

npmアプデ

# node -v
# npm -v

nodebrew install-binary stable

# node -v
# npm -v

Firebase Toolsアプデ

npm install -g firebase-tools

認証

firebase login:ci

払い出されたトークンをセット

export FIREBASE_TOKEN="XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"

Firebase Hosting

初期化

# 作業ディレクトリで実行
firebase init

対話、選択式でプロジェクトを設定していくと初期化ファイルなど構成が作成される

※内容とフローは変わる可能性あり

> Hositingを選択
> 既存のプロジェクトを選択
> プロジェクト選択
> パブリックディレクトリを設定(publicで良ければそのままEnter
> SPAとして構築するか? → No
> Githubへの自動デプロイ → No

→ 完了後、一連の初期ファイルが生成される

「app-ads.txt」を作成

  1. AdMobにログイン
  2. サイドバーで [アプリ] をクリック
  3. [すべてのアプリ] をクリック
  4. [app-ads.txt] タブをクリック
  5. [app-ads.txt の設定方法] をクリック
  6. 表示される パブリッシャーIDコードをコピー
  7. 空のapp-ads.txtを作成
  8. コピーしたコードをapp-ads.txt ファイルに貼り付け

作成したapp-ads.txt

google.com, pub-XXXXXXXXXXXXXXX, DIRECT, XXXXXXXXXXXXXXXX

「app-ads.txt」を設置

Firebase Hostingの初期化ステップで生成した公開ディレクトリ(デフォルトpublic/)に

作成した app-ads.txt を設置する。

├── firebase.json
└── public
    ├── 404.html
    ├── app-ads.txt
    └── index.html

※ 404.html や index.html は適宜編集しておく

デプロイ

ローカルで表示チェック

firebase serve --only hosting

# hosting: Serving hosting files from: public
# hosting: Local server: http://localhost:5000

app-ads.txt の表示を確認

http://localhost:5000/app-ads.txt

プレビュー チャンネルで表示チェック

Firebase Hostingの プレビュー機能(ベータ) を使った確認方法

一時的に発行されるURLでデプロイ可能(公開はされるので注意)

# firebase hosting:channel:deploy 任意の名前
firebase hosting:channel:deploy appads_preview

完了後に発行されるURLでチェック

hosting:channel: Channel URL (XXXX-app): https://xxxx-app--appads-preview-xxxxx.web.app [expires 2021-XX-XX 12:00:00] [version XXXXXXXXXXXX]

app-ads.txt の表示を確認

https://xxxx-app--appads-preview-xxxxx.web.app/app-ads.txt

デプロイ

firebase deploy --only hosting -m "Deploying app-ads.txt"

app-ads.txt の表示を確認 🙌

https://xxxxxxx-app.web.app/app-ads.txt

補足

AdMobに認識させるには

App Storeの場合、 app-ads.txt を設置したURLを

  • App Store ConnectのマーケティングURL

に設定することでAdMob側に認識される

なお、デプロイしたサイトを非公開にする場合は

firebase hosting:disable