🙌

IDFA許諾率を上げる為の4つの対策ポイント

1 min read 2

概要

高いIDFA許諾率を得る為にはどこに気を付ければ良いのか?

AppleのApp Tracking Transparency(ATT)プロンプトに対するユーザーの一般的な反応傾向からわかる4つの対策ポイント

1. オプトインのリクエストタイミング

いつ許諾をリクエストするのか?は、考慮すべき最も重要な要素。

adjust社がこれまでに確認したテスト結果 では、オンボーディングの最中が最も許諾率が高い。

つまり

  • オンボーディングフローの中でプライバシーをトピックとして扱う

事で、より自然に感じる方法でATTポップアップを提供できる。

ただし、このアプローチは基本的に新しいユーザー向け。既存ユーザに対してはどうするか別途検討する必要がある。

オンボーディングとは → こちら[1]

2. 事前許諾プロンプトでのメッセージ

事前許諾プロンプトでの説明は、短く完結にする。

  • 少ない単語を使用し
  • 多くのことを言い
  • 読みやすく
  • 理解しやすい単語を選択する

重要なのは、ユーザにとって「同意する事で何を得る事が出来るのか?」を直感的にわかる様にする。

3. 事前許諾プロンプトのサイズ

事前許諾プロンプトの提示は、モーダル or ポップアップではなく

フルスクリーン形式の方が、許諾エンゲージメントが高い

これは、フルスクリーンのプロンプトの方が、シームレスでUXが良いと感じるため。

対して、モーダル or ポップアップ形式は

  • 「作業中断」
  • 「広告を彷彿」

などのネガティブイメージを与える可能性がある。

4. Call To Action(CTA)の配置

事前許諾プロンプト内で、CTA(「あとで」「次へ」や「許可」など)を配置する場合

  • 水平方向に配置する

これは、GDPR通知に関する統計データによると、水平配置の方がより肯定的な行動を取りやすいとのこと。

対して、垂直配置の場合は

  • ユーザの読むスピードが落ち
  • より慎重に選択する様になる

その結果、許諾エンゲージメントに関しては、ネガティブに働く傾向がある。

https://img2.storyblok.com/1440x0/f/47007/1600x733/f3319d7329/unnamed-6.png
by adjust blog "Opt-In Design Do’s & Don’ts for Apple’s App Tracking Transparency (ATT) on iOS 14"

参考

脚注
  1. オンボーディングとは、スワイプ操作やコーチマークなどを使って、アプリの機能などを紹介するガイダンス。ユーザーをサービスに慣らす為のプロセス。初回起動時が多い。 ↩︎

Discussion

@Kozarubucho さん。共有ありがとうございます!
Adjustブログ、いつも日本語訳が出るのにタイムラグがあるんですよね

ログインするとコメントできます