🍣

Ubuntu 22.04 LTS 日本語 Remix の Wi-Fiが不安定

2022/07/01に公開

はじめに

Windows10をUbuntuに変更しました.
そのPCを数日の間、電源をOnにしておくと、WiFiのIPv4がいつの間にか切断されてしまいます。
根本的な解決ではないのですが、自分がやった対処方を記事にしてみます。

環境

$ cat /etc/os-release 
PRETTY_NAME="Ubuntu 22.04 LTS"
NAME="Ubuntu"
VERSION_ID="22.04"
VERSION="22.04 LTS (Jammy Jellyfish)"
VERSION_CODENAME=jammy
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
UBUNTU_CODENAME=jammy

$sudo lshw -C network 
  *-network                 
       詳細: 無線インターフェース
       製品: AR9485 Wireless Network Adapter
       ベンダー: Qualcomm Atheros
       物理ID: 0
       バス情報: pci@0000:07:00.0
       論理名: wlp7s0
       バージョン: 01
       シリアル: b8:76:3f:f3:92:b3
       幅: 64 bits
       クロック: 33MHz
       性能: pm msi pciexpress bus_master cap_list rom __________________ physical wireless
       設定: broadcast=yes driver=ath9k driverversion=5.15.0-40-generic firmware=N/A ip=192.168.0.5 latency=0 link=yes multicast=yes wireless=IEEE 802.11
       リソース: irq:16 メモリー:c1200000-c127ffff メモリー:c1280000-c128ffff

$ lspci | grep Network
07:00.0 Network controller: Qualcomm Atheros AR9485 Wireless Network Adapter (rev 01)

対策

まずは、WiFiをリスタートするシェルスクリプトを用意します。
自分は、~/Command/restartWifi.shとして保存しました。
内容は、以下の通りです。

restartWifi.sh
#!/bin/bash
nmcli radio wifi off
nmcli radio wifi on

これに実行権限を付けます。

$ chmod +x ~/Command/restartWifi.sh

これをcrontabで一定間隔で実行させます。
ただ、rootユーザで実行させないといけなかったのでrootでcrontabを設定します。

$ su
$ crontab -e

crontabの設定内容は以下の様にしました。

crontab -e
30 1 * * * /home/<userName>/Command/restartWifi.sh >> /home/<userName>/cron.log 2>&1 
30 13 * * * /home/<userName>/Command/restartWifi.sh >> /home/<userName>/cron.log 2>&1

上手く動いたかは、以下で確認します。

$ less /var/log/syslog | grep CRON
$ cat ~/cron.log

Discussion

ログインするとコメントできます