📌

WSL2環境でaws-cliを使えるようにする

1 min read

unzipのインストール

※インストール済みであればスキップ

sudo apt install unzip

aws-cliのインストール

curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
unzip awscliv2.zip
sudo ./aws/install

動作確認

# 下記のように、バージョン情報が表示されればaws-cliがインストールできている
$ aws --version
aws-cli/2.2.46 Python/3.8.8 Linux/5.4.72-microsoft-standard-WSL2 exe/x86_64.ubuntu.18 prompt/off

認証情報の登録

aws configreコマンドでアクセスキーなどの認証情報を登録する

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: AAAAAAAAAAAAA
AWS Secret Access Key [None]: AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
Default region name [None]:  us-west-2
Default output format [None]: 

参考

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/install-cliv2-linux.html
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます