📝

Rubyで配列操作-Reject

2022/03/26に公開

もとの配列内で特定の条件に合致しない要素だけで新しい配列を作る

rejectを使う。
各要素に対してブロックを評価し、偽と判定された要素を集め新しい配列を作る。
selectの反転ver。

collection = [
  [1, 'cloud'],
  [0, 'network'],
  [2, 'server'],
  [3, 'application'],
  [4, 'database'],
]

p collection.reject { |r| r[0] == 1 }

# => [[0, "network"], [2, "server"], [3, "application"], [4, "database"]]

参考

class Array (Ruby 3.1 リファレンスマニュアル)
https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/class/Array.html

GitHubで編集を提案

Discussion