😃

ridgepoleでfulltext indexを貼る方法

1 min read

MySQLの全文検索インデックス

MySQL5.6から、fulltext インデックスを貼ることができるようになった。(pluginによるparserの変更は5.7から?)

ridgepoleでfulltext indexを貼ると発生する問題


create_table :fuga do
  ...
  t.text :hoge
  ...
end

execute("CREATE FULLTEXT INDEX fk_hoge ON fuga(hoge) WITH PARSER ngram")

この書き方だと、冪等性がなく、
2回目以降に実行すると、一度、 remote_index :hoge が行われたあとに、再度、 executeCREATE FULLTEXT INDEX が呼ばれてしまう。create_table 句で name に対するindexを貼っていないための模様

この状態だと、マイグレーションを走らせるたびに、重いINDEXを貼る作業が毎回行われるので、回避するべき事象となる。

対処方法


create_table :fuga do
  ...
  t.text :hoge
  t.index :hoge, type: :fulltext, ignore: true # これを追加
  ...
end

execute("CREATE FULLTEXT INDEX fk_hoge ON fuga(hoge) WITH PARSER ngram") do |c|
  # INDEXが登録済みの場合は再実行しない
  rows = c.raw_connection.query("SHOW INDEX FROM fuga")
  rows.none? { _1[2] == 'fk_hoge' }
end

ignore を含んだ、TableDefinitionを追加し、 execute にINDEXの存在を確認するブロックを渡すことで、再実行してもOKになる。
超参考

Discussion

ログインするとコメントできます