🤹🏻

【Flutter】AnimatedBuilderでアニメーションの連続再生

2022/03/21に公開約10,300字

当記事を書いたきっかけ

Flutter好きが集まる朝もく会(無料)」の
質問タイムで、アニメーションの連続再生について
ご質問を頂き、自分にアニメーションの知見が
不足している事に気が付きました。

そのため、今回は「Staggered animations」を
参考にして、学んでみようと思います。

ゴール

今回は、灰色の領域をタップすると
アニメーションが連続再生されるようにします。
1_staggered_animations_grid_2021_0913.gif

STEP1:単一のアニメーションを再生する

まずは、単一のアニメーションを
再生できるようにします。

1. タップ領域付きの画面を作成する

アニメーションを再生するためには
AnimationControllerの初期化が必要です。

AnimationControllerの第一引数には
TickerProvider[1]を渡す必要があります。

TickerProviderを取得するためには
TickerProviderStateMixin
StatefulWidgetStatewith
関連付ける必要があります。

lib/stagger_single_page/stagger_single_page.dart
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:staggered_animations_sample/stagger_single_page/children/stagger_single_animations.dart';

class StaggerSinglePage extends StatefulWidget {
  
  _StaggerSinglePageState createState() => _StaggerSinglePageState();
}

class _StaggerSinglePageState extends State<StaggerSinglePage>
    with TickerProviderStateMixin {
  late AnimationController _controller;

  
  void initState() {
    super.initState();
    _controller = AnimationController(
      vsync: this, // ← TickerProviderを渡しています
      duration: const Duration(milliseconds: 1000),
    );
  }

  
  void dispose() {
    // 別の画面に遷移して`StaggerSinglePage`が破棄された場合
    // アニメーションコントローラーも破棄されるようにしています
    _controller.dispose();
    super.dispose();
  }

  Future<void> _playAnimation() async {
    // アニメーションを最初から最後まで再生してます
    await _controller.forward();

    // アニメーションを最後から最初まで再生してます
    await _controller.reverse();
  }

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(title: const Text('Staggered Single Animation')),
      body: GestureDetector(
        onTap: () => _playAnimation(),
        child: Center(
          child: Container(
            width: 300.0,
            height: 300.0,
            decoration: BoxDecoration(
              color: Colors.black.withOpacity(0.1),
              border: Border.all(color: Colors.black.withOpacity(0.5)),
            ),
            // 次の見出し(2番)でアニメーションの中身を実装します
            child: StaggerSingleAnimation(_controller),
          ),
        ),
      ),
    );
  }
}

2. アニメーションの中身を実装する

Staggered animations 」のタイムラインを
参考にしてアニメーションを実装していきます。
StaggeredAnimationIntervals

アニメーション用のコントローラーと変数を定義する

StaggerSinglePageで初期化した
AnimationControllerを受け取り
当クラスでも使用できるようにします。

lib/stagger_single_page/children/stagger_single_animations.dart
class StaggerSingleAnimation extends StatelessWidget {
  StaggerSingleAnimation(this.controller)

final AnimationController controller;

Animation<T>で変数を定義し
各アニメーションの値を変更可能にします。
(以下、アニメーション変数と呼びます)

lib/stagger_single_page/children/stagger_single_animations.dart
final Animation<double> opacity;
final Animation<double> width;
final Animation<double> height;
final Animation<EdgeInsets> padding;
final Animation<BorderRadius?> borderRadius;
final Animation<Color?> color;

アニメーション変数に設定を追加する

Tweenというクラスを使用すると
アニメーション変数に対して
様々な設定を追加する事ができます。

Tweenの種類
TweenにはTween<T>extendして
実装されている専用クラスが存在する
場合があるので、代入先の型に合わせて
使い分ける必要があります。

Tweenの種類 代入先の型
Tween<double> Animation<double>
EdgeInsetsTween Animation<EdgeInsets>
BorderRadiusTween Animation<BorderRadius?>
ColorTween Animation<Color?>

開始値・終了値
Tweenの引数(beginend)で
アニメーションの開始値と終了値が設定できます。

lib/stagger_single_page/children/stagger_single_animations.dart
// 例:開始値を不透明度0%、終了値を不透明度100%
opacity = Tween<double>(begin: 0.0, end: 1.0);

コントローラー・インターバル・カーブ
Tweenにはアニメーションの
コントローラーとインターバルと
カーブを設定する引数がありません。

そのため、Tweenに実装されている
animateメソッドを呼び出して
追加で設定する必要があります。

animateメソッドの中身は以下のように
なっており、新しいアニメーションを
追加して、ブレンドする事ができます。

package/flutter/lib/src/animation/tween.dart
Animation<T> animate(Animation<double> parent) {
  return _AnimatedEvaluation<T>(parent, this);
}

CurvedAnimationをブレンドすると
このような書き方になります。

lib/stagger_single_page/children/stagger_single_animations.dart
opacity = Tween<double>(begin: 0.0, end: 1.0).animate(
  CurvedAnimation(
    parent: controller,
    // インターバルはアニメーションの実行タイミングで、カーブはアニメーションの滑らかさ
    curve: Interval(0.0, 0.100, curve: Curves.ease),
  ),
);

全てのアニメーション変数にTweenを代入する
コンストラクターを使用して
全てのアニメーション変数に対して
Tweenを代入していきます。

lib/stagger_single_page/children/stagger_single_animations.dart
class StaggerSingleAnimation extends StatelessWidget {
  StaggerSingleAnimation(this.controller)
      : opacity = Tween<double>(begin: 0.0, end: 1.0).animate(
          CurvedAnimation(
            parent: controller,
            curve: Interval(0.0, 0.100, curve: Curves.ease),
          ),
        ),
        width = Tween<double>(begin: 50.0, end: 150.0).animate(
          CurvedAnimation(
            parent: controller,
            curve: Interval(0.125, 0.250, curve: Curves.ease),
          ),
        ),
        height = Tween<double>(begin: 50.0, end: 150.0).animate(
          CurvedAnimation(
            parent: controller,
            curve: Interval(0.250, 0.375, curve: Curves.ease),
          ),
        ),
        padding = EdgeInsetsTween(
          begin: EdgeInsets.only(bottom: 0),
          end: EdgeInsets.only(bottom: 75),
        ).animate(
          CurvedAnimation(
            parent: controller,
            curve: Interval(0.250, 0.375, curve: Curves.ease),
          ),
        ),
        borderRadius = BorderRadiusTween(
          begin: BorderRadius.circular(4.0),
          end: BorderRadius.circular(75.0),
        ).animate(
          CurvedAnimation(
            parent: controller,
            curve: Interval(0.375, 0.500, curve: Curves.ease),
          ),
        ),
        color = ColorTween(begin: Colors.blue, end: Colors.orange).animate(
          CurvedAnimation(
            parent: controller,
            curve: Interval(0.500, 0.750, curve: Curves.ease),
          ),
        );

3. アニメーション変数をWidgetに流し込む

先ほど実装したアニメーション変数を
Widgetに流し込んでいきます。

アニメーション変数は
そのままでは値として扱えないので
.valueで値を呼び出します。
2_staggered_animations_padding_value_2021_0913.png

以下のように各Widgetに
各アニメーション変数を代入すれば
アニメーションの設定は完了です。

lib/stagger_single_page/children/stagger_single_animations.dart

Widget build(BuildContext context) {
  return AnimatedBuilder(
    animation: controller,
    builder: (BuildContext context, _) {
      return Container(
        padding: padding.value,
        alignment: Alignment.bottomCenter,
        child: Opacity(
          opacity: opacity.value,
          child: Container(
            width: width.value,
            height: height.value,
            decoration: BoxDecoration(
              color: color.value,
              border: Border.all(
                color: Colors.indigo.shade300,
                width: 3.0,
              ),
              borderRadius: borderRadius.value,
            ),
          ),
        ),
      );
    },
  );
}

灰色の領域をタップすると
アニメーションが再生されます。
3_staggered_animations_single_2021_0913.gif

STEP2:アニメーションを連続再生する

GridView.builderを使用して
STEP1で作成した単一のアニメーションを
4つ複製してグリッドで並べます。

単純に4つ並べただけだと
4つのアニメーションが同時に
再生されてしまいます。

そのため、AnimationController
4つ作成して、Listで保持するようにし
タップすると順番にアニメーションが
再生するようにループ処理を実装します。

lib/stagger_grid_page/children/stagger_grid_animations.dart
import 'dart:async';

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:staggered_animations_sample/stagger_grid_page/children/stagger_grid_animations.dart';

class StaggerGridPage extends StatefulWidget {
  
  _StaggerGridPageState createState() => _StaggerGridPageState();
}

class _StaggerGridPageState extends State<StaggerGridPage>
    with TickerProviderStateMixin {
  final int _dummyItemCount = 4;
  late List<AnimationController> _controllers;

  
  void initState() {
    super.initState();
    _controllers = List.generate(
      _dummyItemCount,
      (i) => AnimationController(
        vsync: this,
        duration: const Duration(milliseconds: 1000),
      ),
    );
  }

  
  void dispose() {
    for (final _controller in _controllers) {
      _controller.dispose();
    }
    super.dispose();
  }

  Future<void> _playAnimations() async {
    for (final _controller in _controllers) {
      await _controller.forward();
      await _controller.reverse();
    }
  }

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(title: const Text('Staggered Grid Animation')),
      body: Center(
        child: GestureDetector(
          onTap: () => _playAnimations(),
          child: Container(
            width: 300.0,
            height: 300.0,
            decoration: BoxDecoration(
              color: Colors.black.withOpacity(0.1),
              border: Border.all(color: Colors.black.withOpacity(0.5)),
            ),
            child: GridView.builder(
              gridDelegate: const SliverGridDelegateWithFixedCrossAxisCount(
                crossAxisCount: 2,
                mainAxisSpacing: 4,
                crossAxisSpacing: 4,
              ),
              itemCount: _dummyItemCount,
              itemBuilder: (BuildContext context, int index) {
                return StaggerGridAnimations(_controllers[index]);
              },
            ),
          ),
        ),
      ),
    );
  }
}

灰色の領域をタップすると
アニメーションが連続再生されました!
1_staggered_animations_grid_2021_0913.gif

最後に

GitHubにサンプルコードを上げています。
必要な方は参考にして下さい🙋🏻‍♂️

https://bit.ly/3Jsj0lr

Flutter好きが集まる朝もく会(無料)を
平日朝5時〜7時に毎日開催しております!

ご質問がある方 や 黙々と作業したい方は
参加してみて頂けると嬉しいです♫

https://bit.ly/3tpvapE
脚注
  1. TickerProviderのソースコードに書かれた説明によると「ティッカーはフレームがトリガーされるたびに通知を受けたいあらゆるオブジェクトで使用できる。AnimationControllerを介して間接的に使用されるのが一般的」だそうです。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます