【AWS】LambdaとAPI GatewayとDynamoDBを学べるハンズオンをやってみた感想

2022/06/29に公開約800字

こんにちは、枕が変わると眠れないことに最近気が付きました。ヤマダです。特に堅くて高めの枕では全然眠れません。自分の今後への不安のせいで枕を高くして眠れないのでしょうか。

今回は「AWS Hands-on for Beginners ~ Serverless編 ~」を受講してみました。名前の通り、初心者向けのハンズオンで、主に「Lambda」「API Gateway」「DynamoDB」について実際に手を動かしながら学ぶことができます。

ハンズオンはこちらからどうぞ。

感想

非常によかったです。現在私はDVAの勉強中なのですが、テキストで表面的な知識ばかり吸収していてイマイチ理解できていませんでした。手を動かすことも考えていたのですが、何から始めていいのか分からずに行動に移せず...。そこで見つけたのが今回のハンズオンです。

「翻訳 Web APIを構築する」という分かりやすい目標で、実際に動いているものを手元で確認できるので達成感も味わえます。私はゆっくりと受講して大体1時間から2時間ほどで終了しました。Youtubeの動画をパート毎に見ていく形式なので、サービスの説明は倍速にするなどの時短も可能です。

そして逆によかったと感じたのが、この動画類が2019年にレコーディングされたものであるということです。私がハンズオンを実施したのが2022年6月なので、AWSのデザインや表記などが結構変わっていました。完全に見た通りに真似するだけではなく、自分で考えながら進めることに繋がったと感じています。

初心者向けということで、AWSやプログラミングの経験がない方でもコースを完了することが可能だと思います。興味を持った方は是非、AWSの初めてのハンズオンにでもトライしてみてください。

Discussion

ログインするとコメントできます