📘

Ubuntu環境のベンチマーク比較(Apple Silicon M1他

2021/06/21に公開約4,200字

MacBook Air(M1,2020)の仮想環境(SimpleVM/ ACVM(qemu) )の速度を測定したついでに、自分の他の Ubuntu 環境でも速度測定をしたのでメモしておきます。

自分の開発系の環境で i7 以外は ESXi 上に展開した仮想マシン上でのベンチになります。

(2020/12/16 追記)
Docker-M1-Preview5 の結果を追記しました。デフォルトでは 4 コアですが、指定すると 8 コア使えるのでそれも併記しました。速度は aarch64 とほぼ同じで、8C の場合にもしっかりベンチマークがのびている感じです。

(2020/12/17 追記)
動いたので docker の x86_64 の結果を追記しました。こちらは今現在では全然速度が出ていません。

(2021/2/17 追記)
Parallels TP2 の結果を追加しました。

(2022/6/21 追記)
AUSU Zephyrus G14 GA401(Ryzen 7 5800HS)を入手したので追加しました。

インストール方法

sudo apt install sysbench

Docker の場合

dockerコマンド
docker run -it ubuntu:20.10 bash
# apt update
# apt install sysbench
# sysbench ....
dockerコマンド(x86)
docker run -it amd64/ubuntu:20.10 bash
# apt update
# apt install sysbench
# sysbench ....

num-threads=1

sysbench cpu --num-threads=1 --cpu-max-prime=9999 run

機種 CPU speed (event/sec) VM OS
MacBook Air (M1,2020) 10996.73 Parallels TP2 Ubuntu aarch64
MacBook Air (M1,2020) 10951.23 docker-pre5 Ubuntu aarch64
MacBook Air (M1,2020) 10937.45 SimpleVM 1C Ubuntu aarch64
MacBook Air (M1,2020) 10044.89 ACVM(qemu) 8C Ubuntu aarch64
Ryzen 7 5800HS (Performance) 4973.55 WSL2 Ubuntu x86_64
Ryzen 7 5800HS(Silent) 4535.08 WSL2 Ubuntu x86_64
Ryzen 7 PRO 4750GE (3.1GHz) 2164.02 ESXi 8C Ubuntu x86_64
Ryzen 5 PRO 3400GE (3.3GHz) 1909.44 ESXi 8C Ubuntu x86_64
i7-8700 @ 3.20GHz 1506.57 - 6C12T Ubuntu x86_64
MacBook Air (M1,2020) 240.50 docker-pre5 Ubuntu x86_64

num-threads=8

sysbench cpu --num-threads=8 --cpu-max-prime=9999 run

機種 CPU speed (event/sec) VM OS
MacBook Air (M1,2020) 48880.66 Parallels TP2 8C Ubuntu aarch64
MacBook Air (M1,2020) 46804.94 docker-pre5 8C Ubuntu aarch64
MacBook Air (M1,2020) 42805.42 ACVM(qemu) 8C Ubuntu aarch64
MacBook Air (M1,2020) 40649.30 docker-pre5 4C Ubuntu aarch64
MacBook Air (M1,2020) 37130.57 ACVM(qemu) 4C Ubuntu aarch64
Ryzen 7 5800HS (Performance) 28712.86 WSL2 Ubuntu x86_64
Ryzen 7 5800HS (Silent) 28347.37 WSL2 Ubuntu x86_64
Ryzen 7 PRO 4750GE (3.1GHz) 17288.69 ESXi 8C Ubuntu x86_64
i7-8700 @ 3.20GHz 10417.09 - 6C12T Ubuntu x86_64
Ryzen 5 PRO 3400GE (3.3GHz) 7642.36 ESXi 8C Ubuntu x86_64
MacBook Air (M1,2020) 883.91 docker-pre5 4C Ubuntu x86_64

num-threads=16(参考)

sysbench cpu --num-threads=16 --cpu-max-prime=9999 run

機種 CPU speed (event/sec) VM OS
Ryzen 7 5800HS (Performance) 40933.43 WSL2 Ubuntu x86_64
Ryzen 7 5800HS (Silent) 40034.52 WSL2 Ubuntu x86_64

関連エントリー

ひとこと

SimpleVM は素の HyperVisor.framework ベースのもの。ACVM は qemu の実装(内部的には HyperVisor.framework 呼んでますが)のものです。引数で使用コア数が可変できるのでスレッドを増やしてテストしています。

スレッド数を増やした場合に実コア数分伸びている感じです(Ryzen7 8C16T, Ryzen5 4C8T, i7 6C12T)。M1 は高パフォーマンスコアの 4 コア分伸びている感じです。シングルコアの数値がそもそも良いため、ぶっちぎりのスコアになっています。

さすがに 4C~8C 使うと、今まで熱を感じなかった MacBook Air がかなり暖かくなります。普通に使う分には 1Core 2GB くらいの割当でも十分な感じです。

ちなみに M75q-1(Ryzen5),M75q Gen2(Ryzen7)です。Ryzen7 機は体感的にもサクサク・キビキビしていて遅いとはまったく思いませんが...。

Discussion

ログインするとコメントできます