📰

[2021/11/05] 今週のKubernetes + Cloud Native + その他ニュース

5 min read

普段は#kubenewsの2021年11月05日の回で話す、@bells17が今週気になったニュース記事をまとめたものなのですが、昨日〜今日は Cloud Native Days Tokyo 2021(#CNDT2021)が開催されていたため、今回はCNDT2021の中で僕が視聴したセッションを中心に紹介をしていきたいと思います。

配信URL:

https://youtu.be/hkrkkWVg0Sk

Day1

クラウドネイティブが強み!イマドキの銀行システムの姿

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1201

みんなの銀行さんのパブリッククラウドでのシステム構築とそれに伴う組織構成の事例
ここしばらく金融系のシステムでパブリッククラウドを利用する事例が増えているが、みんなの銀行さんの事例だと全てクラウドにシステムを構築してるようなのがすごいなと思った

Mableの高速開発を支えるプラットフォーム

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1203

MUFG製のお金管理アプリ「Mable」開発の裏側を解説されている
個人的にはOpenShift on AWSな構成事例(それも金融系システムで!)を初めて見たけど、OpenShiftプラットフォーム上で利用できる様々なアプリケーションの商用サポートができるのはOpenShiftのとても強いところだなとこのセッションを見て思った

How We Harden Platform Security at Mercari

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1208

メルカリさんのセキュリティの取り組みを中心としたセッション

  • デプロイなど必要なときに必要な権限を持ったServiceAccountのtemporaryなトークンを発行して作業をする
  • https://github.com/grafeas/kritis を使ったデプロイ時のイメージチェック
  • https://github.com/lyft/clutch を使ったZero Touch Productionの実践
    などなど面白そうな取り組みがたくさんあった

Grafana Lokiで構築する1日20TBの大規模ログモニタリング基盤

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1252

LINEのプライベートクラウド「Verda」で稼働しているログの可視化基盤としてGrafana Lokiがあり、このGrafana Lokiに1日約20TBのログデータを扱うための知見やGrafan Lokiのアーキテクチャなどについての解説
正直内容が難しかったので別途見直して理解していきたい。。

マイクロサービスにおける信頼性の高い分散認証アーキテクチャ

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1285

LINEのプライベートクラウド「Verda」ではOpenStackの「Keystone」をカスタマイズして認証基盤として利用している
この認証基盤で発生した2度の障害と、その原因からどのように認証基盤のアプリケーションを改善していったのかの事例
障害とその原因の特定〜原因に基づく対応策などが細かに解説されていて勉強になった

乗っ取れコンテナ!!〜開発者から見たコンテナセキュリティの考え方〜

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1187

Kubernetesの設定不備や実行するコンテナの脆弱性を利用した実際の攻撃事例をデモ形式で紹介し、どのような対策を取るべきなのか?をNIST SP800-190やNSA CIA Kubernetes Hardening Guideの内容を元に解説してくれている
個人的にはかなりデモでの攻撃事例がわかりやすく、こういう理由だからこういう設定をしておいた方が良いんだ、ということをわかりやすく体感させてくれたのでとても良かった

https://www.ipa.go.jp/files/000085279.pdf

https://media.defense.gov/2021/Aug/03/2002820425/-1/-1/1/CTR_KUBERNETES HARDENING GUIDANCE.PDF

Kubernetesオペレータのアンチパターン&ベストプラクティス

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1207

controller-runtimeを利用してKubernetes Operatorを作る際のアンチパターン&ベストプラクティスを実例をベースに紹介してくれているセッション
各パターンで出てくる事例がだいたい自社のOSSやコントリビュートしているOSSでこういうケースがあってという説明なのが強いなと思った

https://gist.github.com/zoetrope/6134ba95486f6367e22de346ec99b631
にも実コード例をいくつも紹介してくれてめっちゃありがたい

Kubernetesリソースの誤削除からの保護: PV, PVC, Secret, そして…

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1194

KubernetesのSecretなどのリソース保護のためのin-use protectionの実装のためのKEPと、現在のKEPに至るまでの経緯を詳細に解説してくれている
このKEPの中で出てくるLiens(抵当権)とLiensを利用したAdmission Controller(Webhook?)によるリソース保護の話がかなり面白いなと思っていて、この事例の話ではSecretの削除保護をusecaseとして話が進むのだけれど、実装されればSecretに関わらず全てのk8sリソースの削除保護を行うための機能になりそうでめちゃくちゃきになった
こういうふうに普段からKubernetesコミュニティでコントリビューターとして活動してる方が様々なKEPなどの実例を解説してくれるのはめっちゃありがたい

クラウドネイティブ時代の大規模ウォーターフォール開発

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1242

大規模ウォーターフォール開発におけるアジャイルやIaCの取り組みについて解説してくれている
やっぱり猿のたとえ話が印象的で、はじめに「これはやってはいけない」というルールができると、なんでそういうルールができたのかの理由や背景を考慮しなくなるというのはかなり大事なキーワードだなと思った

Fluentd/Fluent Bitで実現する楽なKubernetesのログ運用

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1269

Fluentd/Fluent Bitの商用サポートや様々なコントリビュートを行っているクリアコードさんによるFluentd/Fluent Bitを使ったKubernetesログの転送方法についてのセッション
Fluentd/Fluent Bitの商用サポートや様々なコントリビュートを行っているという時点でだいぶ強いので、セッションもとてもおもしろかった

ちなみにFluentdのプラグインがどうやってKubernetesのメタデータを付加してデータを転送しているかを調べたセッションを以前しているので、興味がある方は是非見てもらえれば

https://speakerdeck.com/bells17/kubernetes-log-metadata

「Small is beautiful 」 KubernetesにUnixの哲学を ~ Carvelの紹介 ~

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1196

CarvelというKubernetesへアプリケーションをデプロイするための様々なツール群についての紹介
個人的にはkapp-controllerという仕組みを使ったGitOps的な仕組みになっているツールや、Carvelの製品群以外との連携を連携してデプロイなどを行えるようになっている柔軟性の高さが興味深かった

Day2

世界中のユーザーが快適に利用できるクラウドネイティブなシステムを目指して

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1204

ミクシィが開発する「家族アルバム みてね」のKubernetes移行や運用、Observabilityについてのセッション
2年ほどの時間をかけて着実にみてねをKubernetesに載せ替えていったのはすごいなと思った

ステートフルアプリ on Kubernetesの現在と今後の展望 〜ステートフルの苦手意識を吹っ飛ばそう〜

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1202

コンテナでステートフルアプリを動かす際のパフォーマンス論文の紹介やこれからKubernetesに実装される可能性のあるKEPの紹介、Kubernetesを利用したDBなどの運用管理などの情報を紹介してくれた
個人的にはこれから実装予定のKEPの紹介が面白かった

元エンジニアが思う「もっとこうしておけばよかった」から学ぶDevSecOps

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1292

Open Standards: Anchoring Extensibility for Cloud-Native Tooling

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1305

Kubernetes On-premises is Hardway?

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1281

Cloud Native Adoption Journey

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1298

Kubernetesのワーカーノードを自動修復するために必要だったこと

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1265

安心・安全なCluster移行で実現するKubernetesのバージョンアップ

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1189

実践:Cloud Center of Excellence を中心としたクラウド戦略

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1291

自作して学ぶKubernetes scheduler入門

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1184

Kubernetesエコシステムのバージョン追従と柔軟な管理への挑

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1276

CiliumによるKubernetes Network Policyの実現

https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021/talks/1243

Discussion

ログインするとコメントできます