🔥

【flutter】FirebaseAuth後にユーザー情報を登録する

2022/05/31に公開約8,000字

実はVueでもユーザー情報の登録の実装はしたことがあるのですが、Firebase Authentication名前(displayName)やら、電話番号(phoneNumber)などは登録できるものの、住所だったり性別、etc...は登録することができないので、FireStoreやRealtime Databaseに登録する必要があります。

ちなみに今回もAndroidで実装していきます。iOSは別途記事を書いていきたいと思います。

環境

  • Windows(10)
  • Flutter(2.10.2)
    • Dart(2.16.1)
    • flutter_native_splash(^2.1.2+1)

事前準備

手順

FireStoreを準備する

1. FireStoreをスタートする

下記の順番で進めていく。
『テストモードで開始する』すると期間限定でオープンなDBになります。

Firestore>データベースの作成>テストモードで開始する

2. コレクションIDを作成する

RDBでいうところのテーブルにあたる部分ですかね。
を作成して、サンプルでデータを1件登録しときます。

  • コレクションIDはusers

  • ドキュメントIDは『自動ID』です。

flutterプロジェクトをメンテする

1. パッケージのインストール

下記コマンドを実行してパッケージのインストールします。

flutter pub add cloud_firestore

2. ユーザー登録処理の実装

メイン画面からユーザー登録画面へ遷移する処理を実装していきます。

main.dart_MyHomePageStateクラスへfloatingActionButtonを追加する。

main.dart
  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text(widget.title),
      ),
      body: Center(
        child: Column(
          mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
          children: <Widget>[
            const Text(
              '登録結果:',
            ),
            Text(
              '$_result',
              style: Theme.of(context).textTheme.headline4,
            ),
          ],
        ),
      ),
      // ここから
      floatingActionButton: FloatingActionButton(
        child: const Icon(Icons.person_add_alt),
        onPressed: () {
          Navigator.push(
            context, 
            MaterialPageRoute( builder: (context) => UsersEdits() )
          );
        },
      ),
    // ここまで
    );
  }
UsersEdits.dart
import 'package:firebase_auth/firebase_auth.dart';
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:cloud_firestore/cloud_firestore.dart';

class UsersEdits extends StatefulWidget {
  UsersEdits({Key? key}) : super(key: key);

  
  State<UsersEdits> createState() => _UsersEditsState();
}

class _UsersEditsState extends State<UsersEdits> {
  
  final TextEditingController _textContName = TextEditingController();
  final TextEditingController _textContProf = TextEditingController();
  String _editTextName = '';
  String _editTextProf = '';

  
  void initState() {
    super.initState();
  }

  
  Widget build(BuildContext context) {
    final bottomSpace = MediaQuery.of(context).viewInsets.bottom;
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        leading: IconButton(
          icon: const Icon(Icons.close),
          onPressed: () { Navigator.pop(context); },
        ),
        centerTitle: true,
        title: const Text('ユーザー登録'),
        actions: [
          Padding(
            padding: const EdgeInsets.symmetric(vertical: 15.0, horizontal: 10.0),
            child: OutlinedButton(
              child: const Text(
                '保存',
                style: TextStyle(color: Colors.white)
              ),
              onPressed: () async {
                User? user = FirebaseAuth.instance.currentUser;
                Map<String, dynamic> insertObj = {
                    'id': user!.uid,
                    'name': _textContName.text,
                    'note': _textContProf.text,
                    'vaild': true,
                    'created_at': FieldValue.serverTimestamp(),
                    'modified_at': FieldValue.serverTimestamp()
                  };
                try {
                  var doc = await FirebaseFirestore.instance.collection('users').doc(user.uid);
                  await doc.set(insertObj);
		  Navigator.pop(context);
                } catch ( e ) {
                  print('-----insert error----');
                  print(e);
                }
              }, 
            )
          )
        ],
      ),
      resizeToAvoidBottomInset: false,
      body: SafeArea(
        child: SingleChildScrollView(
          reverse: true,
          child: Padding(
            padding: EdgeInsets.only(bottom: bottomSpace),
            child: Column(
              children: [
                Container(
                  padding: const EdgeInsets.symmetric(vertical: 15.0, horizontal: 10.0),
                  decoration: const BoxDecoration(
                    border: Border(
                      bottom: BorderSide( width: 1.0, color: Colors.grey )
                    )
                  ),
                  child: Row( // 名前
                    mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.spaceBetween,
                    children: <Widget> [
                      const Padding(
                        padding: EdgeInsets.only(top: 10.0, bottom: 10.0, right: 40.0),
                        child: Text('名前  '),
                      ),
                      Flexible(
                        child: TextField(
                          autofocus: false,
                          controller: _textContName,
                          maxLines: 1,
                          decoration: const InputDecoration(
                            border: InputBorder.none,
                          ),
                          onChanged: (String? val) {
                            if (val != null && val != '') {
                              _editTextName = val;
                            }
                          },
                        ),
                      )
                    ],
                  ),
                ),
                Container(
                  padding: const EdgeInsets.symmetric(vertical: 15.0, horizontal: 10.0),
                  decoration: const BoxDecoration(
                    border: Border(
                      bottom: BorderSide( width: 1.0, color: Colors.grey )
                    )
                  ),
                  child: Row( // 自己紹介
                    mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.spaceBetween,
                    children: <Widget> [
                      const Padding(
                        padding: EdgeInsets.only(top: 10.0, bottom: 10.0, right: 40.0),
                        child: Text('自己紹介'),
                      ),
                      Flexible(
                        child: TextField(
                          autofocus: false,
                          controller: _textContProf,
                          maxLines: 2,
                          minLines: 1,
                          decoration: const InputDecoration(
                            border: InputBorder.none,
                          ),
                          onChanged: (String? val) {
                            if (val != null && val != '') {
                              _editTextProf = val;
                            }
                          },
                        ),
                      )
                    ],
                  ),
                ),
              ],
            ),
          )
        )
      ),
    );
  }
}

2. ビルドと確認

初回ビルド(+デバッグ)で匿名登録が成功すると、↓の画面になります。
既にビルドが済んでいても表示されます。

floatingActionButtonをタップすると・・・。

こんな感じの画面にいくので、適当に情報を入力して、保存ボタンをタップします。

すると、FireStoreにこんな感じで登録されていれば成功です。

あとがき

この記事で方法としては上手く実装できるのですが、2つほど疑問というか憂いというかなんですが、FireStoreのDocumentにfirebase側で生成したuidを使っているのですが、セキュリティ的に使っていいのか?という疑問。

そして、FireStoreというよりは、NoSQLの設計上手くできず、RDB思考から脱出できない。
文章中でもRDBに脳内置換しようとして失敗している感・・・(笑)

他にも疑問点とかありますけど、徐々に自分の正解を発見していこうと思います。

参考記事

関連記事

Github

  • 準備中

Discussion

ログインするとコメントできます