💻

【M1 Mac】AWS認定試験を自宅受験してみたら焦りまくった話

4 min read

こんにちは、べこです。
AWSのソリューションアーキテクト - アソシエイトを自宅受験したので、その際の知見 失敗談 を記事にしました。
AWS認定試験の自宅受験は、2021年5月1日〜2021年7月31日でお得なセール中!!!(宣伝)

環境

  • 端末: Mac Book Air(Apple M1)
  • OS: macOS Big Sur 11.3
  • メモリ: 8GB
  • カメラ: Mac Book AirのBuilt in
  • ネットワーク接続: 有線
  • イヤホン: 無し
  • マイク: 無し
  • 携帯電話: iPhone。試験当日に使用します。
  • 部屋: 誰もいない、ポスター等が貼られていない部屋(僕はポスターを貼らない系のオタクなので大丈夫でした。耐えた。)

本編

事前準備

  • 試験登録
  • システムテスト
  • 受験スペースの準備
  • 本人確認書類(免許証)
  • 試験勉強

まずは試験の登録をしましょう!
自宅受験はピアソンVUEのみが対応しています。
登録はコチラから。

登録後、Pearson公式を参考に、事前準備(システムテスト、試験部屋の準備、本人確認書類の準備など)をしましょう。

後は勉強するだけ!
僕のおすすめ参考書はNRIネットコム株式会社さんのAWS認定資格試験テキスト、問題集はUdemyよりこいわクラブの方が好みでした。
参考書で全体のイメージを掴んだ後、問題集を解き、分からないところは都度調べました。
実際にコンソールを触ったり、公式ドキュメントを読むのは物凄くおすすめです。マジで。

試験当日

さて、やってきました試験当日。
試験当日は試験開始30分前からログイン出来ます。
本番にはトラブルが付きもの。なるべく早めにログインしておきましょう。
自宅受験でトラブルが発生するとめちゃくちゃ焦りますよね。僕は焦りました。

ちなみに、受験する部屋は「自分以外の誰もいない部屋」、「ポスター等が貼られていない部屋」が必須条件みたいです。
また、テストセンターでは本人確認書類として免許証とクレジットカードが必要でしたが、自宅受験の場合は免許証のみで良いです。

〜試験15分前〜
僕「よ〜〜〜し、そろそろログインするぞ〜〜〜」

僕「まずはAWS認定試験のマイページ右下から『ピアソンVUE試験の管理』をクリックして、試験開始を申請っと。出てきたコードを使ってログインするらしい。」

僕「試験はOnVUEアプリ[1]で行うらしい。アプリを起動して、さっきのコードを入力っと。」

僕「携帯電話番号を入力したらSMSでURLが送られてきたぞ。携帯のカメラで自分の顔写真と免許証、部屋の景色を撮れば良いのか。」

僕「撮り終わったぞ!なんか待機画面に飛ばされた。試験監督を付けてもらうために順番待ちをしてるらしい。」

ちなみに、システムテストでイヤホンとマイクのテストをさせられましたが、本番では使いませんでした。
というか「イヤホン外せ」って言われました。。。
試験監督さんとのやり取りは全てアプリ内チャットのみです。

〜試験10分前〜
試験監督(チャット)「こんにちは〜。あれ、そっちのカメラの映像が見えないね。バックグラウンドでアプリ動いてない?」

僕(チャット)「!?!?!??!?!?!??!?!?動いてないです!!!」

試験監督(チャ)「じゃあPCを再起動してみて下さい。このチャットでコードを送りました。再起動したら、OnVUEアプリを起動して、そのコードを入力してね。カメラ撮影とかスキップして、優先的に試験監督が付くからね。」

僕(チ)「はい!!!(やばいやばいやばいやばい)」

僕「(あ、macの『システム環境設定』 > 『セキュリティ・プライバシー』 > 『プライバシー』 > 『入力監視』でOnVUEが有効になってない。。こいつが原因か。。。

〜試験5分前〜
試験監督(チ)「こんにちは〜。じゃあ試験を始める前に、PCのカメラで部屋の中と机上を見せてね。あと腕時計してないか腕も見せて。最後に眼鏡をよく見せて。カメラ機能付きじゃないよね?」

僕(チ)「はい!!」

試験監督(チ)「オッケー。じゃあ試験を開始しましょう。何かあればチャットで聞いてね。」

僕「試験開始!チャットで報告しよ。。。なんだ!?試験開始したらチャットが重すぎてPCがちょくちょくフリーズするんだけど!!?!?!?」

僕「。。。(カメラに向けて手で○のジェスチャーをする)」

試験監督(チ)「オッケー。ジェスチャーを確認しました。大丈夫そうですね。それでは頑張って下さい。」

その後、チャット自体重すぎて閉じれないし、試験も解けないしで数分焦りました。。。
無事にチャットを閉じて問題なく試験を解くことが出来ましたが。。。
フリーズした場合、皆さんは焦ってもう一度チャットを開いたりしないでください。。。死に続けます。。

ちなみに、試験中何かあればチャットで試験監督さんに相談を行うことが出来ます。あとホワイトボード機能も使えるっぽいです。

試験終了後はアンケートに回答し、そのままアプリを終了しました。

まとめ

以下、自宅受験を行う際の注意点まとめ

  • イヤホンとマイクは事前のシステムテストにのみ使う。本番では使わない。(使うケースもあるのかも。。?)
  • チャットが重い場合、無理に返信せずにカメラに対して○や×などのジェスチャーをして返事をしましょう。チャットは閉じましょう。
  • (macの方)『システム環境設定』 > 『セキュリティ・プライバシー』 > 『プライバシー』の適切な設定。カメラ、マイク、入力監視でOnVUEを有効にしましょう。

また、試験監督さんにも一度確認されましたが、インターネットは有線接続の方が良いみたいです。快適な環境で受験しましょう。

個人的に自宅受験はテストセンターより超快適でした。
僕は次の認定試験も絶対自宅受験します。

いかがでしたか?(こういうよくあるまとめ記事系のセリフ、一度言ってみたかった。)

終わり。

どうでもE

ちなみに試験は無事合格しました。
過去2回落ちてます。三度目の正直。

脚注
  1. 事前システムテストで使用したアプリと同じものです。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます