🐥

最高のコントリビュート先の見つけ方、そしてコントリビュート をするには【OSSに初めてコントリビュートしたい方へ】

2 min read

最高のコントリビュート先の見つけ方

コントリビュートできるOSSをGithubのTopicsから探す

https://github.com/topics

翻訳の案件を探す

https://www.transifex.com/

OSSの初心者向けのissueを見つける

https://github.com/ユーザー名/レポジトリ名/contributeで調べると、
このレポジトリでの、初心者向けのissue(good first issue)を見つけることができます!

下はchart.jsというライブラリのgood first issueの例です

https://github.com/chartjs/Chart.js/contribute

コントリビュートの仕方

ここでは、githubのdocsのレポジトリに対してコントリビュートしたい場合を想定します。

https://github.com/github/docs

forkする


これを行うと、自分のレポジトリにfork元のレポジトリが作成されます!

自分のレポジトリ一覧に入った、コントリビュート先のレポジトリをcloneしよう

git clone あなたのレポジトリのURL

remoteのrepoを登録しよう

ターミナルでupstreamをrepoに追加しよう

git remote add upstream リモートのrepoのhttpsのURL

ちゃんとupstreamを登録できてるか確認

git remote -v

こんな感じで、originとupstreamが確認できてばOK!

最新のremoteのコミットをローカルに落としてくるには

git pull upstream main

環境構築して、ローカルで立ち上げてみよう!

github/docsだったら、develoment.mdに環境構築の方法を書いてくださっております。
こんな風に環境構築の方法を書いてくれていると思うので、みなさんがコントリビュートしたいレポジトリをよくよくご確認ください!

https://github.com/github/docs/blob/main/contributing/development.md

じゃあ変更していこう!

の前に、作業用のブランチを切っておこう!
ブランチ名は、あなたが変更したい作業名を英語でつけてみよう!

git checkout -b button-stylefixing upstream/main

これはupsteam、つまりremoteの最新のmainブランチの状態からブランチを切ってます!

じゃあ、変更していこう!
いい感じに変更できたら、

git add .
git commit
git push origin button-stylefixing(さっき切ったブランチ名)

Github上でContribute先のrepoのPR作成ページにて、自分のForkブランチの先ほど変更をしたブランチとContribute先のmainブランチとの差分を確認し、PRを作成!!

こんな風にPRは作れるよ!!
お互い頑張ってOSSに貢献しようね!

Discussion

ログインするとコメントできます