Open1

wp-envを使ってWordpress環境を構築する

はじめに

ローカル環境でWordpressを使いたい人におすすめ。

インストール

Install環境

  • Windows10 Pro 20H2

インストールするもの

  • WSL2
  • Docker
  • node-js
  • wp-env

WSL2

基本的にマイクロソフトのページ通りに進めます。

以下の作業は、近い将来wsl --installだけでいけるようになるらしい。

1. WSLを有効にする

powershell(管理者)
dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

2. 仮想マシンの機能を有効にする

powershell(管理者)
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

再起動

3. Linux カーネル更新プログラム パッケージを実行する

https://wslstorestorage.blob.core.windows.net/wslblob/wsl_update_x64.msi

4. WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

powershell(管理者)
wsl --set-default-version 2

5. Ubuntuをインストールする

今回はUbuntu20.04LTEを入れます。

エラー発生

Ubuntu起動時に0x8037102エラー

ググったところ、Biosの内部で仮想化がOnになっていないときに出るらしい(
HPのPC)・・・ということで、再起動後F10を教えてBiosを起動し、Virtualization なんとかをEnableにして解決。

Docker

Docker Desktop for windowsをインストール

Node.js

Node.jsをインストール。(LTS推奨)

wp-env

powershell
npm install @wordpress/env -g

※スクリプトの実行が無効になっている場合は有効にする必要がある

powershell(管理者)
PowerShell Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

使い方

任意のフォルダで以下を実行

powershell
wpm-env start

上記コマンドでWordpressが立ちあがり、
http://localhost:8888/でアクセスできる(ユーザー名 admin、パスワード password)

内部的にはdocker-composeを使ってコンテナが立ち上がっている。

詳しくは公式ページ参照

ログインするとコメントできます