💬

VSCodeに拡張機能をインストールする

2022/06/27に公開約2,000字

目的

ここ数年、IDE(Integrated Development Environment)はVSCodeを利用している。
拡張機能をインストールすることで更に便利になる。
「docker-compose.ymlにお勧めの拡張機能をインストールしますか?」と尋ねられたので
備忘録も兼ねて記事にする。

環境

OS:Windows 10 Pro
IDE:VSCode バージョン(1.68.1)

VSCodeを起動する

ウインドウ右下に通知が表示される。

たまたまdocker-compose.ymlを開いたままVSCodeを閉じてしまい、次に起動した時にお勧めが表示された。

もし、Dockerfileを開いたままVSCodeを閉じた場合、Dockerfileにお勧めの拡張機能が通知されるのか。試してみた

Dockerにお勧めの拡張機能通知に変わった。

どうやらファイル名、または拡張子を判別して通知してくれるのか。と仮説。

docker-compose.ymlを開いたら通知内容が変わった。

拡張機能をインストールする

通知のインストールボタンを押す。前に、推奨事項ボタンを押して見る
拡張機能の詳細が表示された。

詳細からもインストールできそうなので、今後は推奨ボタン事項→ほしければインストールの流れにしよう。

続いてインストールボタンを押す。

ボタンイベントがインストールから無効にする、アンインストールに変化した
どうやらインストールが完了したらしい。

docker-compose.ymlを開いてみる

Dcoker拡張機能をインストールする前

Docker拡張機能をインストールした後

表示はこれと言って変化はないな。
※pythonフォーマット形式を指定していたので厳密には違っているのかもしれない。

試しにファイル内容を変更してみた

コード補完機能が有効になっている。

ただ、私は意図しないコードを補完してしまう場合があり、一旦無効にしておく。

拡張機能を無効化

VSCodeウインドウの左にボタンメニューが縦で並んでいる。
ここの□4つのアイコンを選択する。

自分がインストールしている拡張機能一覧が表示される。

Dockerを選択し、無効にするボタンを押す。
再読み込みが必要だと言われるので、ボタンを押して従う。

docker-compose.ymlを編集してみたが、コード補完機能は動かなかった。
無効になったことを確認できた。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回はVSCodeの話題で、拡張機能のインストールを取り上げてみました。
普段はジャケンにしている通知ですが、実際に触ってみると自分に有用な機能が沢山あるかもしれないことが発見できました。

よろしければ「***の説明、下手っぴ」や「***の言い回し変」など
ご意見、ご批判頂ければ幸いです。

Discussion

ログインするとコメントできます