🐴

Workato:俺自身がAPIになれる 前編

2 min read

Workato 「俺自身がAPIになることだ」

< ドン!! >

ちょっと何言ってるかわからないと思うけど、そういうことです。

WorkatoではAPI Platformのオプションを追加することで、Workato自身でAPIを準備できます。
しかもめっちゃ簡単。
Recipe作って、API設定して、認証用プロファイル作る。
以上の3Stepでできちゃう。

これの何がすごいって?
とんでもないことですよ。。。
AWSLambda + API GatewayでサーバレスにREST APIが作れますよね。
※参考:AWS Lambda を Amazon API Gateway に使用する
作ったことある方多数だと思いますが、意外とメンドいですよね。
あれの1/3以下の手間、難易度で独自のAPIが作れちゃいます。

サーバレスコードレスなREST APIです。

ではでは解説していきますー。
※尺の都合上、認証用プロファイルの作成と外部の実行は次回にします。

作り方

  1. CallableRecipeを作成
  2. APIを作成
  3. テストで呼び出してみる
  4. 認証用プロファイルを作成
  5. 外部から呼び出してみる

1. CallableRecipeを作成

  1. Recipe → NewRecipe→ 適当に名前入れてBuild Callable recipe

  2. パラメータ設定できるが、今回は何も設定しない

  3. Slackを追加してPostMessageを選択、投稿先と内容を設定

  4. 画面右上からSaveしてExit

  5. 画面右上のStart recipeをクリック

2. APIを作成

  1. Tools → API Platform

  2. API collections → New Collection

  3. 以下項目を入力してNext

  • Collection name* :わかりやすい名前
  • Version*:整数ならなんでもOK
  • Description:何か説明とか
  • Recipe folder*:選んだフォルダ配下のCallableRecipeすべてが、このAPIのEndpointに設定される
    ※もちろん後で変更可能
  1. Create API collectionをクリックして完了

  2. EndpointをOnにする

3. 呼び出してみる

まだ外部から呼び出しできない状態だが、一旦テストしてみる。

  1. Endpointをクリックするとこの画面に遷移する

  2. Try It Out をクリック

  3. Executeをクリック

  4. 投稿できた

まとめ

今日はここまでです。
CallableRecipeを作って、APIを作成しました。

このAPIを外部から実行するには、認証用のプロファイルを作る必要があります。
URL知ってれば誰でも叩けるわけじゃないので安心ね。

明日はこれの続きをご紹介しますー。

以上、barusuでした。