Salesforce:そこのお前!承認プロセスの承認ステップは30個までだぜ

1 min read読了の目安(約800字

問題

部署ごとに申請経路を分けようとしたら承認ステップ数の上限に達してしまった

解決策

A案)

項目+プロセスビルダーで承認経路の振り分けを自動設定する

メリット

自由度が高い

懸念

次の変更が大変で拡張性が低い、死ぬ

B案)

ユーザオブジェクト:マネージャー項目を参照する

メリット

シンプルでわかりやすい

懸念

自由度が低く、複雑な経路にする場合は他機能との複合になる、死ぬ

結論:どうせ死ぬならシンプルな方を選ぶ

ということでB案を選択。

以下の感じで実装した。

ユーザにマネージャを設定

承認プロセスを設定

割り当て先として使用するユーザ項目で[マネージャ]を選択

ユーザ項目を使用して自動的に承認者を割り当てる を設定

これで完了。

最後に