🕌

EC2について

2021/11/28に公開約3,100字

EC2とは?

EC2とは、Amazonが提供している仮想サーバー構築サービスです。
OSを乗せた仮想環境をクラウド上に作ることができる。
EC2はインスタンスという単位で、サーバー環境が構築できます。
インスタンスとは簡単に言えば、OSを載せた仮想サーバーのことです。また、
インスタンスは複数作成して実行することもできます。

使用例

例えば、アプリケーションサーバーとデータベースサーバーなど、
合計で2つのサーバーが必要な場合は、インスタンスを2つ作成して対応できます。
このように、必要に応じて複数のインスタンスを立ち上げることで、
柔軟なインフラ構築ができるのがEC2の強みです。

インスタンスタイプ

メリット

EC2使用する上でメリットは沢山あると思いますが、
その中で良いと思った4点を説明していきます。

1. システム構築にかかる時間が短いという点

サーバーを購入する場合は購入してから受け取るまでの間、何も作業が進められません。
一方で、EC2上でインスタンスを立ち上げるには、ほんの数分あれば事足ります。

2. 冗長化が簡単にできる点

冗長化する手間がかからないのも、魅力的なポイントです。
サーバーをローカルで作成する場合、サーバーの設定だけではなくネットワーク設計も必要になります。
EC2では、ネットワークを仮想ネットワーク構築するサービスが提供されており、
インスタンスと組み合わせることで、
簡単かつ短時間でサーバーの冗長化が実現できます。

3. スペックの変更が柔軟に対応できる点

サーバーをローカルで構築する場合に悩ましいことの1つとして、
ハードディスクやメモリ不足の対応が挙げられます。
例えば、データベースサーバーを長年運用していると、
データを削除しない限りはデータ容量が増え続けます。そのためデータを保持し続けるには、
ハードディスクを増設するという対応が必要です。この場合もサーバー構築時と同様に、
増設するハードディスクやらメモリを購入してセットする必要があります。
一方、EC2を使えば、画面上で設定するだけでハードディスクやメモリの増設が簡単に行えます。

4.EC2でサーバーを立てると簡単に構築できる

サーバーを構築する際、なんと6項目選択するだけで
ーバーを構築することができ、主に選択するだけなので初心者でも簡単です。
以下の6項目

  • OS選択
  • タイプ選択
  • インスタンスの設定
  • ストレージ追加
  • タグの追加
  • セキュリティーグループの設定

Ec2のインスタンス起動

1. インスタンス作成画面へ

画面左上の[ インスタンスを起動 ] をクリックします。

2. OS選択

AMIを選択する画面が表示されますので、ここで希望に合ったAMIを選択します。
※今回は無料利用枠対象の [ Amazon Linux 2 AMI ] を選択して次へ進みます。

3. タイプ選択

次にインスタンスタイプを選択します。インスタンスタイプとはインスタンスのスペックのことでしたね。
CPUはどのくらいがいいか?メモリは何GBにするか?など、システムに必要なスペックに合わせて選ぶことができます。
※今回は無料利用枠対象の [ t2.micro ] を選択して次へ進みます。

4. インスタンスの詳細の設定

ここではインスタンスの詳細設定を行います。起動するインスタンス数やインスタンスを置くVPCなどをここで決めていきます。

5. ストレージ追加

ここでは、ルートボリュームの設定を編集したり、新たなボリュームを追加することができます。
※今回はデフォルトのまま(8GiB)で次へ進みます。

6. タグの追加

AWSリソースを識別するために、「キー」と「値」のセットで定義されるタグをつけることができます。
例えば、キーに「Name」、
値に「プロジェクト名」などを入力しておけば、何のインスタンスなのかが一目で分かります。
特にインスタンスが増えてきたときは必ずつけておいた方がいいです

7. セキュリティグループの設定

次に、インスタンスのセキュリティグループを設定します。セキュリティグループはインスタンスのファイアウォールのような機能で、
どこからのアクセスを許可するか?をインスタンスごとに設定することができます。
デフォルトではどこからもアクセスできない設定になっているため、
インターネットからのアクセスを許可する場合はここで追加する必要があります。

EC2の料金体系

一番気になる料金体制だとおみます。
大きく分けて3つのプランがあり、その特徴を解説していきます。

オンデマンドインスタンス

サーバーを立ち上げている時間によって料金が発生するプランです。
短時間のみ利用したい、週末や月に1回だけ使いたい場合に有益です。

リザーブドインスタンス

あらかじめ稼働期間を決めておき、先支払いする方式です。
常時インスタンスを立ち上げていたい、長期間稼働させ続ける必要がある場合に使いやすいプランです。

スポットインスタンス

スポットインスタンスは少し特殊で、AWS上にすでに存在し放置されているインスタンスを格安利用料で使う方式です。
通常はインスタンスを利用する場合、自分で設定したインスタンスを稼働させるのですが
スポットインスタンスの場合は他人のインスタンスを利用します。

まとめ

この記事で「EC2とは何か」から始まり料金プランや良い点を触れていきました。
記事の中でも取り上げた通り、簡単にサーバー構築ができるので、
実際に触っっていき、EC2慣れていってもらえればなと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます