💬

Storybook でインタラクションテストを作成して Jest で再利用する

2022/01/25に公開約10,600字

Storybook の Component Story Format 3.0 では新機能として play() 関数が追加されました。

play() 関数は Storybook 上で ユーザーのクリックやフォーム入力のようなインタラクションな操作を表現することができます。

play() 関数の大きな特徴としては Component Story Format の移植性の高さを利用して Storybook 上で定義したインタラクションを Jest など他の領域においても再利用できることです。

この記事では Vite に Storybook を導入してインタラクションテストを作成して Jest で再利用するまでの手順をやってみたいと思います。

Vite プロジェクトの作成

まずは以下コマンドで Vite プロジェクトを作成します。

npm init vite@latest my-vue-app -- --template vue-ts
cd my-vue-app
npm install

Storybook のインストール

続いて以下コマンドで Storybook の雛形を作成します。
なお、CSF3.0 を利用するには Storybook version が 6.4.0 以降である必要があります。

npx sb init

Storybook 内でインタラクションを実行できるようにするために以下のアドオンをインストールします。

npm i -D @storybook/addon-interactions @storybook/jest @storybook/testing-library

インストールが完了したら .storybook/main.js にアドオンを追加します。

.storybook/main.js
module.exports = {
  addons: ['@storybook/addon-interactions'],
};

コンポーネントの作成

準備が整いましたので Storybook で描画する対象のコンポーネントを簡単に作成しましょう。作成するコンポーネントは以下の仕様を持つこととします。

  • 新しいタスクを input 要素の入力できる
  • 「追加」ボタンをクリックすると input 要素の入力をクリアして新たにタスクリストを表示する

まずは必要最低限の実装のみを行い Storybook 上で描画を確認できるようにします。

components/TaskList.vue
<template>
  <form @submit.prevent>
    <div class="form-group">
      <label for="task-name">タスク名</label>
      <input type="text" id="task-name" />
      <button type="submit">追加</button>
    </div>
  </form>
</template>

Story の作成

それでは作成したコンポーネントの Story を作成して描画を確認してみましょう。

src/components/TaskList.stories.ts
import type { Story, Meta } from '@storybook/vue3'
import TaskList from "./TaskList.vue";

export default {
  title: "TaskList",
  component: TaskList,
  argTypes: {}
} as Meta;

const Template: Story = (args) => ({
  components: { TaskList },
  setup() {
    return { args }
  },
  template: "<TaskList />",
});

export const Default = Template.bind({});
Default.args = {}

以下コマンドで Storybook を起動します。

npm run storybook

スクリーンショット 2022-01-22 23.41.23

インタラクションを追加する

それでは本題のインタラクションを追加してみましょう。新たに InputFilled というStory を追加して play 関数を定義します。

src/components/TaskList.stories.ts
import { userEvent, within, waitFor } from '@storybook/testing-library';
import { expect } from '@storybook/jest';

// 省略...

export const InputFilled = Template.bind({});
InputFilled.play = async ({ canvasElement }) => {
  const canvas = within(canvasElement);

  await userEvent.type(canvas.getByLabelText("タスク名"), "牛乳を買う");
  await userEvent.click(canvas.getByRole('button', { name: '追加' }));

  await waitFor(() => {
    const items = canvas.getAllByRole('listitem');
    expect(items.length).toBe(1);
  })
}

play 関数は StoryContext という型の引数を受け取り分割代入で canvasElement を取得しています。この canvasElement を使用することでコンポーネントのルートから実行を開始するようにインタラクションを調整することができます。@storybook/testing-library からインポートした screen オブジェクトを用いるとトップレベルの要素から要素を取得します。

前述の canvas から対象の要素を取得して @storybook/testing-library からインポートした useEvent オブジェクトを利用して入力やクリックなどのイベントを発生させることができます。要素の取得方法は testing-library の Query とほぼ同じですので普段テストを記述しているときと変わらない感じで play 関数を記述できます。

さらに @storybook/jestexpect 関数を用いることによって jest さながらテストを記述することも可能です。

play 関数は Story がレンダリングされた後に実行されます。実際に Story を確認すると input 要素に play 関数でタイプした「牛乳を買う」という値が入力されています。

スクリーンショット 2022-01-23 10.20.38

Interactions タブを確認してみると <li> 要素が存在しないためエラーが発生していることが確認できます。このように Storybook を通じてイベントが壊れていないかどうかを確認することができます。

インタラクションが成功するように実装を修正しましょう。

src/components/TaskList.vue
<script setup lang="ts">
import { ref } from 'vue'
const taskName = ref("");
const taskList = ref<string[]>([]);

const onSubmit = () => {
  taskList.value.push(taskName.value);
  taskName.value = "";
}
</script>

<template>
  <form @submit.prevent=onSubmit"">
    <div class="form-group">
      <label for="task-name">タスク名</label>
      <input type="text" id="task-name" v-model="taskName" />
      <button type="submit">追加</button>
      <ul>
        <li v-for="task in taskList">{{ task }}</li>
      </ul>
    </div>
  </form>
</template>

全てのインタラクションが成功していることが確認できます。

スクリーンショット 2022-01-23 10.31.08 1

インタラクションをデバッグする

Storybook 上で UI の状態を巻き戻してデバッグすることができます。この機能を有効にするには .storybook/main.js において features.interactionsDebuggertrue にする必要があります。

.storybook/main.js
module.exports = {
  // ..
  features: {
    interactionsDebugger: true,
  },
};

Storybook を再起動すると Interactions タブにデバッグバーが追加されいます。

interactions-dbug

Jest のインストール

Storybook 上でインタラクションを確認するのは人間による目視によるものですので Jest と組み合わせて自動でインタラクションをテストできるようにします。

まずは Jest を実行するために必要なパッケージをインストールします。

npm -D install jest @types/jest ts-jest vue-jest@next @testing-library/vue@next @testing-library/jest-dom @storybook/testing-vue3

@storybook/testing-vue3 は Storybook で定義した story をテストにおいて再利用するためのパッケージです。

インストールが完了したら設定ファイルを作成します。

jest.config.cjs
module.exports = {
  moduleFileExtensions: ["js", "ts", "json", "vue"],
  transform: {
    "^.+\\.ts$": "ts-jest",
    "^.+\\.vue$": "vue-jest",
  },
  moduleNameMapper: {
    "^@/(.*)$": "<rootDir>/src/$1",
  },
};
tsconfig.json
{
  "compilerOptions": {
    // ..
    "types": ["@types/jest"],
  },
}

さらに Storybook でグローバルデコレータを使用している場合には Jest 実行時においても適用させるためにセットアップファイルを用意します。

setupFile.ts
import { setGlobalConfig } from '@storybook/testing-vue3';
import * as globalStorybookConfig from './.storybook/preview'; 

setGlobalConfig(globalStorybookConfig);

jest コマンド実行時に作成した setupFile.js をセットアップファイルとして指定するようにします。

pakcage.json
"scripts": {
  "test": "jest --setupFilesAfterEnv ./setupFile.ts"
}

テストファイルの作成

それではテストファイルを作成しましょう。通常のコンポーネントのテストを書く時と異なりコンポーネントを直接インポートするのではなく、作成した Storybook のファイルから Story をインポートして composeStories 関数を使用することで作成した Story を Jest で再利用することができます。

対象の Story の play 関数を呼び出すことが Jest で改めてイベントを記述せずとも実行してくれます。

src/components/TaskList.spec.ts
import { render } from '@testing-library/vue';
import { composeStories } from '@storybook/testing-vue3';
import * as Stories from './TaskList.stories'; 

const { InputFilled, Default } = composeStories(Stories)

test('タスクが存在しないときリストは表示されない', () => {
  const { queryAllByRole } = render(Default())
  expect(queryAllByRole('listitem').length).toBe(0)
})

test('タスク名を入力して追加ボタンをクリックするとリストに追加される', async () => {
  const { container } = render(InputFilled());
  await Stories.InputFilled.play?.({ canvasElement: container } as any);
});

テストを実行して、全てのテストが成功していることが確認できました。

npm run test

> my-vue-app@0.0.0 test
> jest --setupFilesAfterEnv ./setupFile.ts

 PASS  src/components/TaskList.spec.ts
  ✓ タスクが存在しないときリストは表示されない (55 ms)
  ✓ タスク名を入力して追加ボタンをクリックするとリストに追加される (109 ms)

Test Suites: 1 passed, 1 total
Tests:       2 passed, 2 total
Snapshots:   0 total
Time:        3.637 s, estimated 10 s
Ran all test suites.

試しにボタン要素を削除してテストが失敗することも確認してみましょう。

src/components/TaskList.vue
 <script setup lang="ts">
 import { ref } from "vue";
 const taskName = ref("");
 const taskList = ref<string[]>([]);

 const onSubmit = () => {
   taskList.value.push(taskName.value);
   taskName.value = "";
 };
 </script>

 <template>
   <form @submit.prevent="onSubmit">
     <div class="form-group">
       <label for="task-name">タスク名</label>
       <input type="text" id="task-name" v-model="taskName" />
-       <button type="submit">追加</button>
       <ul>
         <li v-for="task in taskList">{{ task }}</li>
       </ul>
     </div>
   </form>
 </template>

テストを実行すると想定通りにテストが失敗します。

npm run test

> my-vue-app@0.0.0 test
> jest --setupFilesAfterEnv ./setupFile.ts

 FAIL  src/components/TaskList.spec.ts
  ✓ タスクが存在しないときリストは表示されない (92 ms)
  ✕ タスク名を入力して追加ボタンをクリックするとリストに追加される (166 ms)

  ● タスク名を入力して追加ボタンをクリックするとリストに追加される

    TestingLibraryElementError: Unable to find an accessible element with the role "button" and name "追加"

    Here are the accessible roles:

      textbox:

      Name "タスク名":
      <input
        id="task-name"
        type="text"
      />

      --------------------------------------------------
      list:

      Name "":
      <ul />

      --------------------------------------------------

    Ignored nodes: comments, <script />, <style />
    <div>
      <form>
        <div
          class="form-group"
        >
          <label
            for="task-name"
          >
            タスク名
          </label>
          <input
            id="task-name"
            type="text"
          />
          <ul>

          </ul>
        </div>
      </form>
    </div>

      26 |
      27 |   await userEvent.type(canvas.getByLabelText("タスク名"), "牛乳を買う");
    > 28 |   await userEvent.click(canvas.getByRole('button', { name: '追加' }));
         |                                ^
      29 |
      30 |   await waitFor(() => {
      31 |     const items = canvas.getAllByRole('listitem');

      at Object.getElementError (node_modules/@testing-library/dom/dist/config.js:38:19)
      at node_modules/@testing-library/dom/dist/query-helpers.js:90:38
      at node_modules/@testing-library/dom/dist/query-helpers.js:62:17
      at node_modules/@testing-library/dom/dist/query-helpers.js:111:19
      at Function.Object.<anonymous>.exports.InputFilled.play (src/components/TaskList.stories.ts:28:32)
      at Object.<anonymous> (src/components/TaskList.spec.ts:14:3)

Test Suites: 1 failed, 1 total
Tests:       1 failed, 1 passed, 2 total
Snapshots:   0 total
Time:        6.032 s
Ran all test suites.

感想

Storybook 上でインタラクションをテストできるようになることで更に活用の幅を広げることができるようになりました。実際に描画内容を目視しながらテストをすることができるので testing-library でテストを記述するのと比べてより取り組みやすくなっていると思います。

Story を再利用可能なところも嬉しい点ですね。

サンプルコードは以下のレポジトリから確認できます。

https://github.com/azukiazusa1/vue-storybook-interaction-tests-sample

参考

https://storybook.js.org/docs/vue/writing-stories/play-function
https://storybook.js.org/docs/vue/writing-tests/interaction-testing
https://zenn.dev/takepepe/articles/storybook-driven-development
https://qiita.com/dia/items/3b984afec9a51cc803d1
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます