超丁寧なrails6 + MySQL on Dockerの環境構築

公開:2020/11/21
更新:2020/11/21
9 min読了の目安(約8500字TECH技術記事

これはなに?

Qiitaの記事が思った以上に跳ねてしまい、かつrails6が出て、webpackのinstallで詰まる等の問題を観測し始めたり、昔の自分が書いたDockerfileやdocker-compose.ymlが冗長だったり、MySQLの設定が日本人向けではなかったので、新版を書きます。

テンプレート用意しました

$ git clone https://github.com/azul915/rails6_docker_template.git

A. シェルによる手順

  • git cloneしたときに置いている、Dockerfileとdocker-compose.ymlは消してOK
# e.g) /bin/bash /path/to/init.sh -p portfolio -r password
$ /bin/bash init.sh -p {project_name} -r {root_password}

B. 手作業の手順

1. Dockerfileを元にしてdocker-compose.ymlで新たなコンテナイメージを作る

docker-compose build の実行

2. railsのWebサーバーコンテナとMySQLのDBサーバーコンテナを作る

  1. docker-compose up -d の実行
  2. docker ps -a の実行 で STATUSUpになっていることを確認する
# 実行例
CONTAINER ID        IMAGE                        COMMAND                  CREATED             STATUS                       PORTS                                NAMES
91f279ffce2c        rails6_docker_template_web   "irb"                    2 minutes ago       Up 2 minutes                 0.0.0.0:3000->3000/tcp               rails_web
e90ff7416e08        rails6_docker_template_db    "docker-entrypoint.s…"   2 minutes ago       Up 2 minutes                 0.0.0.0:3306->3306/tcp, 33060/tcp    rails_mysql

補足

docker-compose logsで、
アプリサーバーコンテナ(以下、Webコンテナもしくは、rails_web),
DBサーバーコンテナ(以下、DBコンテナもしくは、rails_mysql)が
正常に起動できているか等の確認ができる

3. Railsチュートリアルにしたがって、新しいプロジェクトを作る

ここでは、Railsガイト/Railsをはじめよう にしたがって作るものとする。

以下は、Railsガイト/Railsをはじめよう3.1 Railsのインストール にしたがった一例

Rubyのバージョン確認

root@2cd4872e0928:/usr/src# ruby -v

=> ruby 2.7.0p0 (2019-12-25 revision 647ee6f091) [x86_64-linux]
  • 2020.2現在最新の公式Rubyイメージ(ruby:2.7.0)をDockerfileで定義している

(SQLiteのバージョン確認(MySQLを使用していくので今後インストールの必要もなし))

root@2cd4872e0928:/usr/src# sqlite3 --version

=> bash: sqlite3: command not found
  • DockerのRubyイメージを使っているため、当然インストールされていない
  • 今後SQLiteを使うこともないので、インストールの必要はない

(Gemによるrailsのインストール)

root@2cd4872e0928:/usr/src# gem install rails

=> Successfully installed rails-6.0.2.1
   1 gem installed
  • オプションなしだと、最新のRailsがインストールされる(2020.2現在、rails-6.0.2.1)
  • バージョンを保つ目的でDockefile内で以下を定義している
  • 事前にその定義の実行によって作られた環境であるため、改めてgem install railsをここで実行しなくてよい
# Dockerfile
(抜粋)
RUN gem install rails --version="~>6.0.0"
補足
  • rails --versionでRailsのバージョンは調べられる
root@a19247e0a147:/usr/src# rails --version

=> Rails 6.0.2.1

プロジェクトの作成

  1. rails newしてプロジェクトを作成する。
  • ただし、docker-composeを使って、rails new {project_name}のコマンドを与える。
  • また、初期状態からMySQLを使っていくので、オプションをつける
docker-compose exec web rails new {project_name} --database=mysql

rails newしたコンテナ内のプロジェクトをプロジェクトをローカルに一度コピーする

  1. docker cpでコンテナ内のフォルダをローカルにコピーする
docker cp rails_web:/usr/src/{project_name} ./

再マウントする

  1. docker-compose down -vして、一度コンテナを破棄する。
docker-compose down -v
  1. docker-compose.ymlのservice.web.volumesのコメントアウトを外して、{project_name}をrails new {project_name} --database=mysqlした時の値で書き換える
  • 例えば、rails new portfolio --database=mysql としたなら以下のように書き換える
   web:
      build:
         context: .
         dockerfile: ./docker/web.dockerfile
      container_name: rails_web
      volumes:
         - ./portfolio/:/usr/src/portfolio/
  1. docker-compose up -dする
  • docker-composeで再度起動を行うことで、docker-compose.ymlを書き換えた内容が反映される。
  • これでローカルとコンテナが同期された状態になる。
$ docker-compose up -d
Creating network "rails6_docker_template_default" with the default driver
Creating rails_mysql ... done
Creating rails_web   ... done

5. データベースの設定を書き換える

  1. {project_name}/config/database.ymlをVSCode等のエディタ等で開く
  2. database.ymlpasswordhostを以下のように修正する
  # before(rails newによる生成直後)
  password:
  host: localhost

  # after
  password: root
  host: db
  • なぜ修正するのか?
    • password : 後の手順で、DBを作成するがその時のrootユーザーのパスワードが必要
    • host : Dockerで作ったMySQLとのDBコンテナとWebコンテナが通信する必要があるため、docker-compose.ymlのservice名「db」で指定する

6. データベースを作成する

  1. 再度、rails_webコンテナに入る。
docker exec -it rails_web /bin/bash

あるいは、docker-compose.ymlがあるディレクトリで

docker-compose exec web /bin/bash
  1. rails db:createする。
root@2cd4872e0928:/usr/src/{project_name}# rails db:create

=> /usr/local/bundle/gems/actionpack-6.0.2.1/lib/action_dispatch/middleware/stack.rb:37: warning: Using the last argument as keyword parameters is deprecated; maybe ** should be added to the call
   /usr/local/bundle/gems/actionpack-6.0.2.1/lib/action_dispatch/middleware/static.rb:110: warning: The called method `initialize' is defined here
   Created database '{project_name}_development'
   Created database '{project_name}_test'

(失敗する時はbundle installしてGemfileによって依存解決をする。)

root@2732e9b3ac52:/usr/src/{project_name}# bundle install

=> The dependency tzinfo-data (>= 0) will be unused by any of the platforms Bundler is installing for. Bundler is installing for ruby but the dependency is only for x86-mingw32, x86-mswin32, x64-mingw32, java. To add those platforms to the bundle, run `bundle lock --add-platform x86-mingw32 x86-mswin32 x64-mingw32 java`.
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/............
Using rake 13.0.1
(割愛)
Fetching webpacker 4.3.0
Installing webpacker 4.3.0
Bundle complete! 17 Gemfile dependencies, 74 gems now installed.
Use `bundle info [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
補足: データベースが作れているかDBコンテナに入って確認する
  1. まず、Webコンテナから出る
root@2cd4872e0928:/usr/src# exit
  1. DBコンテナに入る
docker exec -it rails_mysql /bin/bash

あるいは

docker-compose exec db /bin/bash
  1. MySQLのログインコマンドでMySQLとの対話シェルを起動
root@58a6d02a3467:/# mysql -u root -p

=> Enter password:
   とパスワードを求められるので`-u`で指定したrootユーザーのパスワードを入力する

=>  Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
    Your MySQL connection id is 15
    Server version: 8.0.19 MySQL Community Server - GPL
    
    Copyright (c) 2000, 2020, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
    
    Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
    affiliates. Other names may be trademarks of their respective
    owners.
    
    Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
    
    mysql>
  1. データベースの一覧を見る
mysql>show databases;

=> # rails new の{project_name}を portfolio にしたので
   # portfolio_development と portfolio_test ができている
+-----------------------+
| Database              |
+-----------------------+
| information_schema    |
| mysql                 |
| performance_schema    |
| portfolio_development |
| portfolio_test        |
| sys                   |
+-----------------------+
6 rows in set (0.01 sec)
  1. MySQLとの対話シェルをやめる
mysql>exit;
  1. DBコンテナから出る
root@58a6d02a3467:/# exit
  1. (再度、Webコンテナに入り直す)
$ docker exec -it rails_web /bin/bash

7. RailsのアプリサーバーをWebコンテナの上で起動する

  1. rails newで作ったプロジェクトのフォルダ内(以下、「ディレクトリ」または「プロジェクト配下」)に移動
# Webコンテナにいる状態で
root@a19247e0a147:/usr/src# cd {project_name}

ex)
root@a19247e0a147:/usr/src# cd portfolio
  1. rails serverにより、Webコンテナ内でアプリサーバーを起動
root@a19247e0a147:/usr/src/{project_name} # rails server(rails sでもよい)
  1. サーバーの起動を待ち、ブラウザから初期画面にアクセスする
  • Listening on tcp:0.0.0.0:3000が表示されるまで待つ
  • http://localhost:3000でブラウザからアクセスする
  • Yay! You’re on Rails! を確認する
  • Macの場合「control + c」でアプリサーバーを止める
=> Booting Puma
=> Rails 6.0.2.1 application starting in development 
=> Run `rails server --help` for more startup options
/usr/local/bundle/gems/actionpack-6.0.2.1/lib/action_dispatch/middleware/stack.rb:37: warning: Using the last argument as keyword parameters is deprecated; maybe ** should be added to the call
/usr/local/bundle/gems/actionpack-6.0.2.1/lib/action_dispatch/middleware/static.rb:110: warning: The called method `initialize' is defined here
Puma starting in single mode...
* Version 4.3.1 (ruby 2.7.0-p0), codename: Mysterious Traveller
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://0.0.0.0:3000
Use Ctrl-C to stop

補足

  • DBの実体は、docker-compose.ymlのservices.db.volumes[0]の- ./mysql:/var/lib/mysqlでローカルに永続化するようになっています。なのでdocker-compose downしてもDBの中身が消える心配はありません。