🌊

Babylon.jsのプロジェクトをGithub Pagesで動かす

2022/12/20に公開約3,300字

こんにちは。Vtuberの彩です。

はじめに

本記事はやまゆさん(@akai_inu)のBabylon.js Advent Calendar 2022の企画に参加し、書かせていただいています。Babylon.jsに関する面白い記事がたくさんあるので、ぜひ他の記事も読んでほしいです!

本記事について

Babylon.jsのプロジェクトを作ったら、せっかく作ったものは公開したい!となるかと思います。
一方でGithub Pagesを使うとネットに公開できるのですが、その公開の仕方がいまいちわからない…。そういうい方向けの記事となっております。ご参考ください!

作成したプロジェクト

https://github.com/ayassbgc/myFirstUploadBabylonJS

用意するもの

  • Githubのアカウント
  • 作ったBabylon.jsのプロジェクト

Babylon.jsの開発環境

  • vite banilla js or vite banilla ts

↓ここからアップロードの手順です↓


リポジトリの作成

Githubにてリポジトリを新規作成します。
以下の赤線の通りにして、ページ下部のCreate repositoryボタンを押す

リポジトリの完成

リポジトリをローカルにCloneする

リポジトリにて画像の通り、Codeボタン押す→HTTPS状態でコピーアイコンを押す

Gitが使える任意のローカルフォルダにClone

Cloneされたフォルダに移動しmainリポジトリであることを確認。
(今回はGitの良さげな使い方の話ではないので直接mainをいじります)

アップロードしたいファイルを該当フォルダにコピペ

ローカルリポジトリの中身をいじる

vite.config.jsのbase項目を'/リポジトリ名/'に変更
(昔のファイルを使っているため私の環境だとtsファイルだが、おそらく重要じゃないので割愛…)

さらに同じくvite.config.jsに、以下の通りbuildの項目を追加。
buildの直前に「,」を入れ忘れるケアレスミスが無いよう注意。

build: {
    target: 'esnext'
  }

yarn build実施。間に注意のような文言が出るが特に動くので今回は無視。

distフォルダが作成される

distフォルダに.nojekyllファイルを作成。空のファイルでOK。

distからdocsにフォルダ名を変更。

よしなにリモートリポジトリにPush。
mainリポジトリに直にPushしていることについては特に今は気にしない。

git add .
git commit -a -m "yoshinani_comment"
git push origin main

Githubのリポジトリにファイルが反映されていればOK

Github Pagesを作成

画像の通りSettings→Pagesを開き、main、/docsを選択(本ページの通りに作成している場合です)。その後、Saveボタンを押す。

完成!

リポジトリのCodeのページにあるEnvironmentsのgithub-pagesを押します。Deployments/Historyのページに移るので、一番右上のView deploymentを押します。

動いてる!嬉しい!
https://ayassbgc.github.io/myFirstUploadBabylonJS/

おわりに

これで以上です。
本記事作成に手間取ったりした部分(詰んだ部分)があったのですが、にー兄さん(@ninisan_drumath)に助けてもらいました。にー兄さんありがとうございました!

参考サイト

Discussion

ログインするとコメントできます