🔖

Git Submoduleチートシート【SourceTree編】

2022/09/07に公開

Git Submoduleチートシート【SourceTree編】

Git Submoduleを含むプロジェクトのクローン

元のパスにURLを入力後、詳細オプションの「サブモジュールに再帰」にチェックを入れてクローンします。

Submoduleのコミット番号を確認する

サブモジュール内のプロジェクトをダブルクリックすると新しいタブが開きます。
このタブはサブモジュールのGitリポジトリを表します。見方や閲覧方法は一般的なGitリポジトリと同じです。サブモジュールだからといって変わることはありません。
このタブのHistory上の白丸のコミット番号が、現在ローカルに展開されているSubmoduleのコミット番号です。

Submoduleを更新する

SourceTreeで親リポジトリをPullした時、Submoduleの参照先が他人によって変更されていたらコミットに①と表示されます。
差分を確認すると、サブモジュール名のファイルの差分が表示されます。
これはローカルのサブモジュールの参照先と、リモートでのサブモジュールの参照先が異なることを表します。リモートの変更をそのまま取り込みたい場合はこの変更を破棄してください。
破棄することでSubmoduleを更新できます。

Discussion

ログインするとコメントできます