Juliaの型推論について – isaで条件分岐したブロックにおける推論

公開:2020/09/27
更新:2020/09/28
19 min読了の目安(約11800字TECH技術記事

こんにちは、門脇宗平(Shuhei Kadowaki)と言います。
GitHubではaviateskというハンドルで活動していて、JuliaのIDE(Juno, julia-vscode)のメンテナなどをやっています。

最近Juliaの型推論システムを借用してJuliaプログラムのソースコードに対する静的な型解析を行うツールの開発[1]をしているのですが、その過程でJuliaの型推論について、その中でも特にisaを使って条件分岐した先のブロックにおける推論ついて少し知見ができたので共有します。

1. Juliaの型推論のflow-sensitivity

まず前提としてJuliaの型推論は"flow-sensitive"に行われます。ここで"flow-sensitive"とはどういうことかというと、Juliaはコードをコンパイルするとき、プログラム中の様々なコードに対してその実行コンテクストに応じた型を自動で推論するということです。
例えば以下のようなコードを考えてみましょう。

if isa(a, Int)
    return sin(a)
else
    return 0
end

この例では1行目でisa(a, Int)というようにaの型によって条件分岐を行なっているので、2行目のsin(a)においてaInt型でしかありえないのは明らかだと思います。
Juliaの型推論はプログラムの実行を仮想的にシミュレートすることによりこのような「2行目のaは常にIntである」といった情報を(追加的なアノテーションをせずとも)勝手に推論してくれます。

以下のコードで確認してみましょう。
fooの引数aが型不安定(この場合はAny型)であってもisa block内ではaの型がisa(a, Int)の情報を用いてa::Intと推論されているのがわかると思います。

julia> function foo(a)
           if isa(a, Int)
               return sin(a) # <= compiler infers `a::Int`
           else
               return 0
           end
       end
foo (generic function with 1 method)

julia> code_typed(foo, (Any,); optimize = false)[1]
CodeInfo(
1%1 = (a isa Main.Int)::Bool
└──      goto #3 if not %1
2%3 = Main.sin(a::Int64)::Float64 # <= compiler inferred `a::Int`
└──      return %3
3return 0
) => Union{Float64, Int64}

code_typedのキーワード引数としてoptimize = falseとして指定してあげると、型推論の後に行われるinliningや実行されない条件分岐先の削除など各種の最適化を行わないので、型推論の結果だけを見たい時などに便利です。

このJuliaの型推論ルーチンのflow-sensitivityは、Juliaはある変数の型がプログラム中で変わったとしてもその変数のその文脈における型に応じた最適なコード生成を行ってくれたり、型不安定なコードを部分的に型安定にしてくれたりと、パフォーマンス上非常に重要です。例えば以下のようなコードを実行する場合、fooに渡される引数aは型不安定(Union{Int,Char,String})ですが、それでもfoo3行目の呼び出しsin(a)sin(a::Int)としてコンパイル時に解決されます[2]

let
    s = 0.
    for i in 1:100000
        a = rand((1, '1', "one"))
        s += foo(a) # <= `a` is type-unstable here
    end
    s
end

実際に

foo3行目の呼び出しsin(a)sin(a::Int)としてコンパイル時に解決されます

が起きていることを確認したい人は、Cthulhu.jlというパッケージを使ってみましょう。

optimize optionをoffにして、%13 = invoke foo(::Union{Char, Int64, String})::Union{Float64, Int64}に"descend"すると以下のような出力が得られ、期待通りfoo内のsin(a)においてaの型がa::Intと推論されているのが確認できます:

julia> using Cthulhu

julia> descend_code_typed(Tuple{}) do
           s = 0.
           for i in 1:100000
               a = rand((1, '1', "one"))
               s += foo(a)
           end
           s
       end
...
%2  = invoke Colon(::Int64,::Int64)::Core.Const(1:100000)
%3  = invoke iterate(::UnitRange{Int64})::Core.Const((1, 1))
%11  = invoke rand(::Tuple{Int64, Char, String})::Union{Char, Int64, String}%13  = invoke foo(::Union{Char, Int64, String})::Union{Float64, Int64}
%14  = call #+(::Float64,::Union{Float64, Int64})::Float64
%15  = invoke iterate(::UnitRange{Int64},::Int64)::Union{Nothing, Tuple{Int64, Int64}}
↩

│ ─ %-1  = invoke foo(::Union{Char, Int64, String})::Union{Float64, Int64}
CodeInfo(
 @ none:2 within 'foo'
1%1 = (a isa Main.Int)::Bool
└──      goto #3 if not %1
└
 @ none:3 within 'foo'
2%3 = Main.sin(a::Int64)::Float64
└──      return %3
└
 @ none:5 within 'foo'
3return 0
)
...

ただしこの型推論が実際のコード実行で使用されるかは、型推論後の最適化プロセスにおいてfooがinliningされるかどうかによって決まります:

  • inliningされる場合: foo(::Union{Char, Int64, String})::Union{Float64, Int64}の推論結果を用いてfooが元のコードにinline展開される
  • inliningされない場合: runtimeにおけるaのそれぞれの具体型Tに対してfoo(a::T)に対するdynamic dispatchが行われるため、例えばfoo(::Int)::Float64といったまた別のJIT compileが起きる(i.e. foo(::Union{Char, Int64, String})::Union{Float64, Int64}の推論結果は使用されない)

今回のfooではどうなるのか、code_typedoptimize optionをtrue(default)にして確認してみましょう:

julia> code_typed() do
           s = 0.
           for i in 1:100000
               a = rand((1, '1', "one"))
               s += foo(a)
           end
           s
       end |> first
CodeInfo(
1 ──       goto #19 if not true
2 ┄─ %2  = φ (#1 => 1, #18 => %45)::Int64%3  = φ (#1 => 0.0, #18 => %39)::Float64%4  = Core.tuple(1, '1', "one")::Core.Const((1, '1', "one"))%5  = $(Expr(:foreigncall, :(:jl_threadid), Int16, svec(), 0, :(:ccall)))::Int16
│    %6  = Base.sext_int(Int64, %5)::Int64
│    %7  = Base.add_int(%6, 1)::Int64
│    %8  = invoke Random.default_rng(%7::Int64)::Random.MersenneTwister
│    %9  = %new(Random.SamplerSimple{Tuple{Int64, Char, String}, Random.SamplerTrivial{Random.UInt52{UInt64}, UInt64}, Any}, %4, $(QuoteNode(Random.SamplerTrivial{Random.UInt52{UInt64}, UInt64}(Random.UInt52{UInt64}()))))::Random.SamplerSimple{Tuple{Int64, Char, String}, Random.SamplerTrivial{Random.UInt52{UInt64}, UInt64}, Any}%10 = invoke Random.rand(%8::Random.MersenneTwister, %9::Random.SamplerSimple{Tuple{Int64, Char, String}, Random.SamplerTrivial{Random.UInt52{UInt64}, UInt64}, Any})::Union{Char, Int64, String}%11 = (isa)(%10, Char)::Bool
└───       goto #4 if not %11
3 ──       goto #9
4 ── %14 = (isa)(%10, Int64)::Bool
└───       goto #6 if not %14
5 ── %16 = π (%10, Int64)%17 = Base.sitofp(Float64, %16)::Float64
│    %18 = invoke Base.Math.sin(%17::Float64)::Float64 # <= compiler inline-expanded `foo`
└───       goto #9
6 ── %20 = (isa)(%10, String)::Bool
└───       goto #8 if not %20
7 ──       goto #9
8 ──       Core.throw(ErrorException("fatal error in type inference (type bound)"))::Union{}
└───       unreachable
9 ┄─ %25 = φ (#3 => 0, #5 => %18, #7 => 0)::Union{Float64, Int64}%26 = (isa)(%25, Float64)::Bool
└───       goto #11 if not %26
10%28 = π (%25, Float64)%29 = Base.add_float(%3, %28)::Float64
└───       goto #14
11%31 = (isa)(%25, Int64)::Bool
└───       goto #13 if not %31
12%33 = π (%25, Int64)%34 = Base.sitofp(Float64, %33)::Float64
│    %35 = Base.add_float(%3, %34)::Float64
└───       goto #14
13 ─       Core.throw(ErrorException("fatal error in type inference (type bound)"))::Union{}
└───       unreachable
14%39 = φ (#10 => %29, #12 => %35)::Float64%40 = (%2 === 100000)::Bool
└───       goto #16 if not %40
15 ─       goto #17
16%43 = Base.add_int(%2, 1)::Int64
└───       goto #17
17%45 = φ (#16 => %43)::Int64%46 = φ (#15 => true, #16 => false)::Bool%47 = Base.not_int(%46)::Bool
└───       goto #19 if not %47
18 ─       goto #2
19%50 = φ (#17 => %39, #1 => 0.0)::Float64
└───       return %50
) => Float64

やや見にくいですが、No.5 blockの%19 = invoke Base.Math.sin(%18::Float64)::Float64などの行を見ればfoo(::Union{Char, Int64, String})::Union{Float64, Int64}が見事に消えてinline展開されていることが確認できると思います[3]

2. isa conditionのflow-sensitivity

このようにJuliaの"flow-sensitive analysis"は「楽に書けてしかも速いコード」を実現するために必要不可欠な機能です。
特にisaによる条件分岐はよく使われるのでこの「isaで条件分岐した先のブロックの型推論」は重要なのですが、この機能について参考になるかもしれない知見が2点ほどあるので、以下ではそれを紹介します(本題)。

2.1. chainしたisa conditionの制約は最後のものしか伝播しない (Julia<1.6)

isaブロックがchainした場合はどうなるかみてみましょう。
Julia@1.5で以下を実行してみます:

julia> code_typed((Any,Any); optimize = false) do a, b
           if isa(a, Int) && isa(b, Int)
               return sin(a) # <= compiler infers `a::Int` ?
           end
           return 0
       end |> first
 CodeInfo(
1%1 = (a isa Main.Int)::Bool
└──      goto #3 if not %1
2(@_4 = b isa Main.Int)::Bool
└──      goto #4
3(@_4 = false)::Core.Compiler.Const(false, false)
4 ┄      goto #6 if not @_4
5%7 = Main.sin(a)::Any # <= compiler could NOT infer the type of `a`
└──      return %7
6return 0
) => Any

なんと、3行目のsin(a)において今回はa::Intと推論されていません!😱

この場合isaの条件分岐がchainしていますが、Juliaのコンパイラがchainの最後の制約(この場合はisa(b, Int))しか伝播できなかったからです。
そのためこれまではこのようなコードでは、isa conditionを分けて"diamond"の形をしたコードブロックにしてあげる必要がありました。

if isa(a, Int)
    if isa(b, Int)
        return sin(a) # <= compiler infers `a::Int`
    end
end

...なのですが、この制限は最新のJuliaでは改善[4]されています。

同じコードをJulia@1.6で実行してみましょう:

julia> code_typed((Any,Any); optimize = false) do a, b
           if isa(a, Int) && isa(b, Int)
               return sin(a) # <= compiler infers `a::Int`
           end
           return 0
       end |> first
CodeInfo(
1%1 = (a isa Main.Int)::Bool
└──      goto #4 if not %1
2%3 = (b isa Main.Int)::Bool
└──      goto #4 if not %3
3%5 = Main.sin(a::Int64)::Float64  # <= compiler inferred `a::Int`
└──      return %5
4return 0
) => Union{Float64, Int64}

コンパイラがシュッと"diamond"を形成してくれてバシッとaの型が推論されているのが確認できると思います。Julia 1.6が待ち遠しいですね。

2.2. callee呼び出し内のisa conditionは伝播しない

2020/09/27時点でのJuliaでは、別の関数(callee)呼び出しの結果を用いて条件分岐を行う場合、そのcallee関数内におけるisaによる型制約を伝播させることはできません。
例えば以下のbar(caller)は意味的には最初の例で紹介したfooと一緒ですが、bar内の3行目のsin(a)において、コンパイラはaの型をa::Intとして推論してくれません:

julia> function bar(a)
           if baz(a)
               return sin(a) # <= compiler infers `a::Int` ?
           else
               return 0
           end
       end
bar (generic function with 1 method)

julia> baz(a) = isa(a, Int)
baz (generic function with 1 method)

julia> code_typed(bar, (Any,); optimize = false)[1]
CodeInfo(
1%1 = Main.baz(a)::Bool
└──      goto #3 if not %1
2%3 = Main.sin(a)::Any # <= compiler could NOT infer the type of `a`
└──      return %3
3return 0
) => Any

これはisaによる条件分岐がbaz(callee)の中で行われるため、それによる制約が元のcaller関数barにおける型推論にまで伝播していないからです。

bazをinlineさせたらどうでしょうか:

julia> @inline baz(a) = isa(a, Int)
baz (generic function with 1 method)

julia> code_typed(bar, (Any,); optimize = true)[1]
CodeInfo(
1%1 = (a isa Main.Int)::Bool
└──      goto #3 if not %1
2%3 = Main.sin(a)::Any # <= compiler could NOT infer the type of `a`
└──      return %3
3return 0
) => Any

生成されるコードではinliningが起きているのが確認できます(Main.baz(a)::Boolが消えて、(a isa Main.Int)::Boolに置き換わっている)が、それでもsin(a)におけるaの型はうまく推論されていません。
inliningなどの最適化は型推論 に型推論で得られた情報を用いて行われるためです。

そこで、以下のように僕らプログラマがやや妥協して型アノテーションをつけてあげることで、強制的に型情報を伝えることができます[5]:

julia> function bar(a)
           if baz(a)
               return sin(a::Int) # <= ya should know this by yourself, compiler
           else
               return 0
           end
       end
bar (generic function with 1 method)

julia> code_typed(bar, (Any,); optimize = false)[1]
CodeInfo(
1%1 = Main.baz(a)::Bool
└──      goto #3 if not %1
2%3 = Core.typeassert(a, Main.Int)::Int64
│   %4 = Main.sin(%3)::Float64 # <= now compiler knows typeof of `a`
└──      return %4
3return 0
) => Union{Float64, Int64}

とはいえやはりこんな自明な型アノテーションは書きたくない人もいらっしゃるかもしれません。僕もそうです。すでにissueが上がっているので興味がある人はwatchしてみると良いと思います 👀
xref: https://github.com/JuliaLang/julia/issues/37342

3. まとめ

今回はisa conditionによる型制約の伝播を中心にJuliaの型推論の機能をみてみました。
Juliaのこのあたりの機能は日々改善されているので、おそらく2.2.で紹介した制限も将来的に改善されるでしょう。Juliaのコンパイラにはもっと頑張ってもらって、僕らJuliaプログラマはどんどん楽して高効率なコードを書けるようになってほしいですね。

脚注
  1. xref: https://github.com/aviatesk/TypeProfiler.jl, https://github.com/aviatesk/grad-thesis ↩︎

  2. もし呼び出されるmethod(この場合はsin(x::Real) in Base.Math at special/trig.jl:53)がコンパイル時に解決されない場合、実行時に呼び出すmethodのlookupが行われ(俗に"dynamic dispatch"と呼ばれます)、パフォーマンス上の問題になる場合があります。 ↩︎

  3. 逆にinlining させない こともできます。@noinlineをつけてfooを再定義してから同じようにcode_typedを試してみてください。 ↩︎

  4. xref: https://github.com/JuliaLang/julia/pull/36355 ↩︎

  5. あるいは妥協せず、「マクロを用いてソースレベル(i.e. surface AST level)でcallee(baz)をinlineする」といったややハッキーな方法を取ることで、現行のJuliaでも、bazの呼び出しをキープしたままなおかつ型アノテーションをせず、bar内のisa conditionによる制約を伝播させることができるかもしれません。 ↩︎