🙌

git restoreで他のブランチからファイル単位で取り込む

5 min read

git restoreはgit v2.23.0から実験的に実装されたコマンドです。

git checkoutから2つのコマンドが派生しました。

  • git switch : ブランチを切り替える
  • git restore: ファイルを復元する

git checkoutがなくなる訳ではありません

https://github.blog/2019-08-16-highlights-from-git-2-23/

ちなみにタイトルで「他のブランチからファイルを取り込める」と書きましたが、「他のコミット」と言った方が正確かと思います。

また、直訳だと「復元」ですが、今回は「取り込む」と表します。

image

この記事ではエイリアスを使用しています。

git config --global alias.co checkout
git config --global alias.br branch

この設定により、git checkoutgit coと省略できます。
git branchgit brです。

下準備

実際にrestoreを試してみる為の下準備をします。

restore1, restore2ブランチを作成します。

git br restore1
git br restore2

restore1ブランチに移動してtest1.txtを作成します。

git co restore1
1: alice
2: bob
3: charlie
4: dog
5: 👽
6: 😺

内容について意味はありません。作成できたらadd & commitしておきます。

次にrestore2ブランチに移動してtest1.txt,test2.txtを作成します。

git co restore2

test1.txt

test 1

test2.txt

test 2

作成できたらadd & commitしておきます。
これで下準備は終了です。

restoreコマンドの実行

case 1

restore1ブランチに移動して実行します。

git co restore1
git restore -s restore2 test1.txt
git restore -s restore2 test2.txt

-s--sourceであり、元のブランチ(またはコミット)を指定します。この例では現在のrestore1ブランチに、restore2ブランチからファイルを取り込むイメージです。

これで以下の結果になります。

  • test1.txtはtest 1に書き換えられる
  • test2.txtは新規作成される

この状態はworking directoryの変化であり、stagingやcommitは行われません。

取り消したい時はresetします。

git reset --hard HEAD

case 2

resetして下準備が終わった状態として作業を行います。

restore2ブランチに移動します。

git co restore2
git restore -s restore1 -p

今回はファイル名を付けずに-pオプションを付けました。

-p--patchであり、git addgit checkoutにもあるオプションです。

インタラクティブに元のファイル全てについて、順番に処理を指定します。
実行するとこのような画面になります。

diff --git b/test1.txt a/test1.txt
index 6f670c0..d53f34e 100644
--- b/test1.txt
+++ a/test1.txt
@@ -1 +1,6 @@
-test 1
+1: alice
+2: bob
+3: charlie
+4: dog
+5: 👽
+6: 😺
(1/1) Apply this hunk to worktree [y,n,q,a,d,e,?]? 

[y,n,q,a,d,e,?]いずれかを入力します。

  • y - このハンクを worktree に適用します。
  • n - このハンクを worktree に適用しません。
  • q - quit; このハンクと残りのハンクのいずれも適用しません。
  • a - このハンクとファイル内の後続のハンクをすべて適用します。
  • d - このハンクおよびファイル内の後続のハンクを適用しません。
  • e - 現在のハンクを手動で編集します。
  • ? - ヘルプを表示する

ここでeを入力するとエディタが開きます。

# Manual hunk edit mode -- see bottom for a quick guide.
@@ -1 +1,6 @@
-test 1
+1: alice
+2: bob
+3: charlie
+4: dog
+5: 👽
+6: 😺
# ---
# To remove '-' lines, make them ' ' lines (context).
# To remove '+' lines, delete them.
# Lines starting with # will be removed.
# 
# If the patch applies cleanly, the edited hunk will immediately be
# marked for applying.
# If it does not apply cleanly, you will be given an opportunity to
# edit again.  If all lines of the hunk are removed, then the edit is
# aborted and the hunk is left unchanged.

コメントを参考に、必要な編集を行います。

  • -で始まる行を削除するには半角スペースにします
  • +で始まる行を削除するにはそれを削除します
  • #で始まる行は削除されます(無視されます)

ちょっとわかりにくいので補足します。

  • -で始まる行は「実行すると消される行」です。
  • -を付けたまま実行すると消えます。-半角スペースに変えると残ります。
  • +で始まる行は「変更する行」です。そのまま実行すると変更を取り込みます。行ごと削除すると取り込まれません。
残す 消す
- 半角スペースに変更 そのまま
+ そのまま 行ごと消す

今回は以下の状態で保存しました。エディタを閉じます。

@@ -1 +1,6 @@
 test 1
+4: dog
+5: 👽
+6: 😺

test1.txtは以下のようになりました。

test 1
4: dog
5: 👽
6: 😺

4,5,6行目が取り込まれているのに加え、test 1が残っています。

case 3

ここまでは別ブランチからファイルを取り込みました。ブランチ≒コミットなので、同じブランチの以前のコミットから取り込むことも可能です。

restore1ブランチに移動します。

1: alice
2: bob
3: charlie
4: dog
5: 👽
6: 😺

4,5,6行目がおかしいので修正してcommitします。

1: alice
2: bob
3: charlie
4: dave
5: ellen
6: frank

しかし、4行目は以前のものが正しいと気づきました。

現在のcommitはHEADなので、一つ前のHEAD^を元にrestoreします。

> git restore -s HEAD^ -p
diff --git b/test1.txt a/test1.txt
index be5eee2..d53f34e 100644
--- b/test1.txt
+++ a/test1.txt
@@ -1,6 +1,6 @@
 1: alice
 2: bob
 3: charlie
-4: dave
-5: ellen
-6: frank
+4: dog
+5: 👽
+6: 😺
(1/1) Apply this hunk to worktree [y,n,q,a,d,e,?]? 

eを入力してエディタで編集します。

@@ -1,6 +1,6 @@
 1: alice
 2: bob
 3: charlie
-4: dave
+4: dog
 5: ellen
 6: frank

4行目だけを戻すことができました。

1: alice
2: bob
3: charlie
4: dog
5: ellen
6: frank

まとめ

別ブランチからのファイル移動

別ブランチ(またはコミット)のファイルを取り込みたい場合

git restore -s ブランチ名 ファイル名

行指定での取り込み

ファイル名の代わりに-pオプションを付ける。

git restore -s ブランチ名 -p

このオプションを付けた場合はファイル指定できないので全ファイルに対して以下を選択する

  • y - このハンクをワークツリーに適用します。
  • n - このハンクを worktree に適用しません。
  • q - quit; このハンクと残りのハンクのいずれも適用しません。
  • a - このハンクとファイル内の後続のハンクをすべて適用します。
  • d - このハンクおよびファイル内の後続のハンクを適用しません。
  • e - 現在のハンクを手動で編集します。
  • ? - ヘルプを表示する

e(edit)の場合、下記のルールで編集する

# To remove '-' lines, make them ' ' lines (context).
# To remove '+' lines, delete them.
# Lines starting with # will be removed.
残す 消す
- 半角スペースに変更 そのまま
+ そのまま 行ごと消す
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます