📦

AUR向けにビルド済みバイナリをパッケージングした時に引っかかったこと

2022/01/02に公開約5,800字

#大晦日ハッカソンに参加して、
当日成果物としてAUR(Arch Linux 用のユーザー製パッケージのリポジトリ)にfirebase-tools-binを登録しました。

https://twitter.com/attakei/status/1476791638299377666?s=20


実態については、以前にZennで書いた「CI/CDのためのFirebase スタンドアロンバイナリ」を読んでもらったほうが早いのですが、
要するに「公式に提供されているバイナリをArch Linuxのフローでインストールしやすくする」だけのものです。

yayなどを使っているなら yay -S firebase-tools-bin でインストールが出来るので、興味がある方は試してみてください。

ここまでが前置きです。

AURにパッケージを登録するには

AURは「ユーザーが用意したビルド済みファイル群のアーカイブ」を置く場所ではなく、「ユーザーが自分でビルドするためのレシピとメタデータ」を置く場所となっています。
そのため、各パッケージごとに最低限用意しないといけないファイルは以下の2個のみとなっています。 [1]

  • PKGBUILD : yay などでのインストール時にローカルで「どんなファイルをダウンロードするか」「ダウンロード後に何をするか」などを定義したファイル
  • .SRCINFO : AURのデータベースとして管理閲覧する際の情報のみを持つファイル

詳細は省きますが [2] 、今回はAURに登録するものと入ってもビルド済みバイナリを扱うだけのため、比較的簡単に終了する...はずでした。

インストールしたバイナリが動作しない

一番最初に用意したPKGBUILDがこちらです。

PKBUILD
pkgname=firebase-tools-bin
pkgver=10.0.1
pkgrel=1
pkgdesc=" The Firebase Command Line Tools (bundled official standalone binary)"
arch=('x86_64')
url="https://github.com/firebase/firebase-tools"
license=('MIT')
conflicts=('firebase-tools')
source=(
    "https://github.com/firebase/firebase-tools/releases/download/v${pkgver}/${pkgname/-bin/}-linux"
)
md5sums=(
    '64dd4eb456d4cc4b60e1b9bffb051c18'
)

package() {
    name=${pkgname/-bin/}-linux
    chmod +x ${srcdir}/${name}
    install -Dm755 "${srcdir}/${name}" "${pkgdir}/usr/bin/firebase"
}


はっきり言って、なんの変哲もない「ダウンロードして、実行権限を付与して、所定のフォルダにインストールする」というだけのファイルです。
もちろん、パッケージング用のコマンドmakepkgでも何も問題なくパッケージの作成が完了します。

しかし、実際に作成されたパッケージをpacmanを使ってインストール後に問題が起きました。
Firebase CLIが起動しません。

$ firebase
Pkg: Error reading from file.

これは困りました。背景はともかく、原因を探さないとAUR登録にたどり着けません。

原因を探す

PKGBUILDの動作確認する際にmakepkgを実行すると、基本的には実行時のフォルダ上にsourceで指定したファイルをダウンロードします。

$ ls -l
total 151020
-rw-r--r-- 1 attakei attakei  13929552 Jan  2 01:44 firebase-tools-bin-10.0.1-1-x86_64.pkg.tar.zst
-rwxr-xr-x 1 attakei attakei 140696171 Jan  2 01:44 firebase-tools-linux
drwxr-xr-x 3 attakei attakei      4096 Jan  2 01:44 pkg
-rw-r--r-- 1 attakei attakei       799 Jan  2 01:44 PKGBUILD
drwxr-xr-x 2 attakei attakei      4096 Jan  2 01:44 src

実際にダウンロードした物自体は、正しいバイナリのようです。 [3]

パッケージングのタイミングだとpkg内のものをアーカイブにしているので、中身を見てみましょう。

» ls -l pkg/firebase-tools-bin/usr/bin
total 37056
-rwxr-xr-x 1 attakei attakei 37941752 Jan  2 01:57 firebase

ファイルサイスが小さい?どうやら、パッケージングのどこかでバイナリを壊しているように見えます。

だとすると、パッケージング処理時になにか起きているのでしょうか?
ひとまず、package()の際にlsを突っ込んでみることにしました。

PKGBUILD(抜粋)
package() {
    name=${pkgname/-bin/}-linux
    chmod +x ${srcdir}/${name}
    install -Dm755 "${srcdir}/${name}" "${pkgdir}/usr/bin/firebase"
    ls -l ${pkgdir}/usr/bin/firebase
}
$ makepkg
(前略)
==> Starting package()...
-rwxr-xr-x 1 root root 140696171 Dec 31 22:20 /usr/bin/firebase
==> Tidying install...
  -> Removing libtool files...
  -> Purging unwanted files...
  -> Removing static library files...
  -> Stripping unneeded symbols from binaries and libraries...
  -> Compressing man and info pages...
(後略)

ダウンロードしたときのものとファイルサイズがおなじになっています。
つまり、package()の時点で何かが起きているわけではなさそうです。

あーだこーだトライ&エラーをしている時に、ふとこの出力が引っかかりました。

$ makepkg
(前略)
==> Starting package()...
-rwxr-xr-x 1 root root 140696171 Dec 31 22:20 /usr/bin/firebase
==> Tidying install...
  -> Removing libtool files...
  -> Purging unwanted files...
  -> Removing static library files...
  -> Stripping unneeded symbols from binaries and libraries...
  ↑?????

package()直後に行われている処理群ですが、ファイル類の削除の他にStripping ~という妙な処理をしています。

Arch Wikiにあるパッケージの作成を改めて読んでみました。

  1. バイナリやライブラリから不要シンボルを除去する (symbol stripping)。

うーん、状況的にこれが怪しそうです。
というわけで、この処理を無効化出来ないか探します。

再度Arch Wikiより、今度はPKGBUILDの説明を読んでみます。

すると、optionsを利用して挙動の上書きを出来るみたいです。今回の場合は「シンボル除去」を「無効化」したいので、!stripを含めてみましょう。

PKGBUILD
# Maintainer: Kazuya Takei <myself@attakei.net>

pkgname=firebase-tools-bin
pkgver=10.0.1
pkgrel=1
pkgdesc=" The Firebase Command Line Tools (bundled official standalone binary)"
arch=('x86_64')
url="https://github.com/firebase/firebase-tools"
license=('MIT')
conflicts=('firebase-tools')
## ↓追加
options=('!strip')
## ↑追加
source=(
    "https://github.com/firebase/firebase-tools/releases/download/v${pkgver}/${pkgname/-bin/}-linux"
)
md5sums=(
    '64dd4eb456d4cc4b60e1b9bffb051c18'
)

package() {
    name=${pkgname/-bin/}-linux
    chmod +x ${srcdir}/${name}
    install -Dm755 "${srcdir}/${name}" "${pkgdir}/usr/bin/firebase"
$ makepkg
(前略)
==> Starting package()...
==> Tidying install...
  -> Removing libtool files...
  -> Purging unwanted files...
  -> Removing static library files...
  -> Compressing man and info pages...
(後略)

Tidying installのセクションから、Stripping ~の処理が消えたようです。

$ ls -l pkg/firebase-tools-bin/usr/bin
total 137400
-rwxr-xr-x 1 attakei attakei 140696171 Jan  2 02:36 firebase

ファイルサイズも元通りに戻りました。

検証時にローカルインストールしていたパッケージを削除した後に、AURへの登録を実施。
そのまま直接AURのものをインストールしたところ、firebaseコマンドが正しく機能しました。


めでたしめでたし。

まとめ

  • AURの登録は簡単に取り組めて、シンプルな構成をしている
  • makepkgはビルド済みバイナリにも作用する処理を含むので注意すること
  • Arch Wikiの説明量はすごいので、困ったらちゃんと読むこと
脚注
  1. さらに言えば、.SRCINFOPKGBUILDから抽出出来るもののため、実質的に着目しないといけないファイルは1個だけ。 ↩︎

  2. 後日に、時間を見つけてもうちょっと実際に試した際のAUR登録などについての細かい整理は自分用に書いてみたい。 ↩︎

  3. 実際に実行をしてみても、ヘルプが表示されます。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます