👻

GASでRequired permissionsが出た時の対処法

2023/01/10に公開約1,500字

この記事では、GASを使っていて、以下のようなRequired permissions系のエラーがでた場合の対処法について書いていきたいと思います。

エラー内容

Exception: You do not have permission to call DocumentApp.create. Required permissions: https://www.googleapis.com/auth/documents

対処法

これらのエラーは当然ですが権限を与えてやれば解決します。
それでは、実際の方法を説明していきます。

GASの設定

まず、GASのプロジェクトでプロジェクトの設定に移動します。

移動したら、"「appscript.json」マニフェスト ファイルをエディタで表示する" にチェックを入れます

そして、エディタ画面に戻ると、appscript.jsonというファイルが表示されるようになります。

このファイルにoauthScopesを設定します。
以下のように、エラー分で要求されていたリンクを貼ることで設定できます。

権限の承認

jsonファイルを書いただけでは、権限は付与されていません!
最後に、コードを実行しましょう!!

コードを実行すると、以下のようなポップアップで権限の承認を求められます。

"承認を確認" を押して以下のように進めていくと権限の承認が完了します。
まず、Google Apps Scriptを使用するアカウントを選択してください。

次に、このような警告文が出てくるので「Advanced」をクリックし、「Go to プロジェクト名 (unsafe)」をクリックします。


するとリクエストが表示されるので、右下の「Allow」を押して許可をします。

以上で、権限の承認は終わりです。
これでエラー解消されると思います!

Discussion

ログインするとコメントできます