📚

[GitHub] Notice for new authentication token formats

2021/07/14に公開約1,200字

Github から「[GitHub] Notice for new authentication token formats」というタイトルのメールが来て、要はアクセストークンのフォーマットが変わるから再作成してやーっていう内容。そして、安直に更新したら composer self-update すら通らなくなってアレになったのでメモ書き。

簡潔に

composer のバージョンが "1.10.21 github.com未満, もしくは 2.0.12 github.com未満" は新フォーマットに非対応なので、未更新のまま composer config --global github-oauth.github.com <API Token> をしてトークンの更新をしてしまうと面倒になるので、composer self-update をしてから Github Personal Access Token を更新をしたらいい。

何が起きたの

  1. see : Behind GitHub’s new authentication token formats -- github.blog
  2. see : Authentication token format updates are generally available -- github.blog

これらのリンク先に詳しくある。英語よくわからん。

Github でアクセストークンの文字数を伸ばしたので、更新してなーって感じのことみたい。

composer の設定

  1. 先に composer のバージョンを 2.0.12以上 もしくは 1.10.21以上にしてください(多分 2.1 以上?)
  2. Github の方で Token を再作成をして composer config --global github-oauth.github.com <New API Token> をしてください

以上です。

もし(僕みたいに)APIトークンを先に設定してしまったときは、 ~/.composer/auth.json を削除して composer self-update を実行したらいいです。

Discussion

ログインするとコメントできます