😈

VScodeでPythonのblackを使用する際にシングルクォートを勝手にダブルクォートに置換しないようにする方法

commits1 min read

Python 書いてる方の中には black を使用している方も多いと思います。私は VScode でファイルの保存時の自動整形を有効にしているのですが、自動整形時に black のルールでシングルクォートが勝手にダブルクォートに置換されてしまいます。シングルクォート派にはこれが少し厄介で、これだと次回ファイルを編集する時に次の保存のタイミングまでダブルクォートとシングルクォートが混在するソースコードになってしまい何だか気持ち悪いので、勝手に置換されないよう設定しようという話です。

設定手順

  1. F1 を押してコマンドパレットを表示
  2. 検索欄に >Preferences:Open Settings (JSON) と入力
  3. settings.json に以下を追加して保存
"python.formatting.blackArgs": ["--skip-numeric-underscore-normalization"]

文字列はダブルクォートって気持ちはわかるんですけどね。入力が楽なので。ただ、郷に入っては郷に従います。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます