💭

Fedora36 検証サーバを作るときに最初にやること

2022/08/27に公開約1,000字

お家の検証サーバ用の備忘録です。基本 root です。

ファイルシステムの拡張

インストール直後はファイルシステムに割り当てられている容量が少ないので拡張しておきます。

lvextend -l +100%FREE /dev/fedora_fedora/root
xfs_growfs /dev/fedora_fedora/root

systemd-resolved の無効化

なぜか NetworkManager と systemd-resolved が /etc/resolv.conf を取り合って通信を阻害することがあるので、systemd-resolved を無効にします。

systemctl stop systemd-resolved
systemctl disable systemd-resolved
rm /etc/resolv.conf
systemctl restart NetworkManager

よく使うツール類のインストール

検証するとき前提になりやすいものやツール類をインストールします。

dnf -y update && \
dnf -y install \
    git \
    source-highlight \
    jq \
    nano \
    tmux \
    bat \
    fd-find \
    htop \
    podman

ツールをインストールしたら、ツールの設定を追加します。グローバル設定なのは自分しか使わないからです。本番環境ではやっちゃ駄目。

# source-highlight
echo "alias hilite='/usr/bin/src-hilite-lesspipe.sh'" >> /etc/bashrc
echo "alias less='less -R'" >> /etc/bashrc

# tmux
echo "set-option -g prefix C-q" >> /etc/tmux.conf
echo "unbind-key C-b" >> /etc/tmux.conf
echo "bind-key C-q send-prefix" >> /etc/tmux.conf

# nano
echo "set autoindent" >> /etc/nanorc

以上。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます