Laravelのコマンド

1 min read読了の目安(約1100字

モデルとマイグレーション同時作成

いつも忘れてしまいがちなLaravelのコマンドを残しておきます。

一緒にマイグレーションファイルも作る場合は、--migration-m オプションをつける

php artisan make:model Drink --migration
php artisan make:model Drink -m

Drinkモデルとdrinksテーブルのマイグレーションファイルが同時に作成できる。

app/Models/Drink.php
<?php

namespace App\Models;

use Illuminate\Database\Eloquent\Factories\HasFactory;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class Drink extends Model
{
    use HasFactory;
}

database/migrations/xxxx_xx_xx_xxxxxx_create_drinks_table.php
<?php

use Illuminate\Database\Migrations\Migration;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Support\Facades\Schema;

class CreateDrinksTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('drinks', function (Blueprint $table) {
            $table->id();
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('drinks');
    }
}

Laravelにはモデル名に合わせてテーブル名(複数形)にする命名規則が存在するため、人為的なタイポを事前に防ぐことができます。