AKS(Azure Kubernetes Service)はじめての方に

1 min読了の目安(約1200字TECH技術記事

こんにちは、あーさーです。
AKSやりたいけど何やっていいかわからない人向けです。

ドキュメントを読み込むより、手を動かして理解するほうが速い、かつ事実ベースで議論できるのでAKSに触れながら理解を深めたいと思います。

とのことなので、さっそく実施です!

Point1
下記がどのコマンド、どのタイミングで行われているか意識して実施してみてください。
・コンテナイメージを作成
・コンテナイメージをコンテナーレジストリに格納
・コンテナーレジストリに格納したコンテナイメージをAKSにデプロイ

Point2
docker,kubectlのコマンドが通らない場合は、高い確率で環境変数が通っていないので定義してあげてください。

0 - Docker Desktopをインストール

▼ Windowsの場合(Win10のみサポート)
    https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-windows
 
▼ Macの場合(macOSはバージョン10.13以降が条件)
    https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac

1 - (AKS) 用のアプリケーションの準備

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/aks/tutorial-kubernetes-prepare-app

2 - コンテナーレジストリを作成する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/aks/tutorial-kubernetes-prepare-acr

3 - Kubernetes クラスターを作成する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/aks/tutorial-kubernetes-deploy-cluster

4 - アプリケーションを実行する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/aks/tutorial-kubernetes-deploy-application

5 - 終わりに

無事にAKS(サービス)の外部IPに接続し、投票アプリの動作確認できましたか?
下記のコマンドを実行し、デフォルトと作成したものがどれであるか、
それぞれどんな役割があるか確認しておくと勉強になります。

kubectl get node -o wide
kubectl get deploy -A -o wide
kubectl get pods -A -o wide
kubectl get svc -A -o wide