💾

EvernoteからObsidianに乗り換えるメリット

2022/12/29に公開約1,600字

はじめに

Obsidianに乗り換える前まではEvernoteをメインのメモアプリとして利用していました。
Evernoteは、多くのプラットフォームに対応しており、Windows,android,macOS,iOS,iPadOs,Linuxなど幅広く対応しています。また、メモアプリとしての機能も一通リそろっておりノート内の画像の中にあるテキストを検索できる機能もあります。まさに、「第2の脳」でした。

EvernoteからObisidianに乗り換えて感じたメリット・デメリット

Obidianとは?

Obsidianはマークダウンエディタであり、ナレッジベースアプリでもあります。最も基本的な使い方としてマークダウンファイルの編集とプレビューを行うことができます。しかしながら、その真の力は密にネットワーク化されたナレッジベース管理によって発揮されます。 -公式ドキュメントより
Obsidianは基本ローカルにマークダウンファイルとして保存されます。ここが他のノートアプリを大きく違うポイントです。なので、仮にObsidianがサービス終了になったとしても、データはローカルに残っており保存形式も.mdなのでVScodeなどでも開くことができる。また、優秀なプラグインも多く簡単に機能を拡張できるのも大きなポイント。

EvernoteからObisidanに乗り換えて感じたメリット

  • 9.7インチiPad Proなどの旧型のマシンでも軽量に動作する
  • 無料で全機能が使用できる
  • 機能を後から拡張できる
  • icloudを使えばApple線品+Windowsでもデータを同期できる
  • アカウント登録が不要ですぐに使用できる
  • モバイル版でもプラグインなどが使用可能
  • シンタックスハイライト機能がある
  • グラフビューが便利過ぎる
  • ノートとノートをリンクでつないで簡単に行き来できる
  • データあ基本ローカルで保存されるため、インターネット環境がなくても使用可能
  • グラフビューは意外と便利
    動作が軽く安定しているのはのが一番のメリットです。Evernoteはとにかく動作が重く不安定で一向に改善されませんでした。また、ファイルの検索速度も圧倒的に速いです。また、プラグインによって機能が追加できるようになっているため、必要な機能のみを追加できるのもメリットです。

EvernoteからObsidianに乗り換えて感じたデメリット

  • iOS/iPadOSのウィジェットに非対応
  • 画像内の文字を検索することができない
  • Obsidianはかなり特徴的なノートアプリなので、人に寄っては使いずらく感じてしまう
  • マークダウン技法をある程度覚えておく必要がある
  • とにかくシンプルさをもとめる人には向いていない
  • アカウント作成などのユーザー登録は不要だが、設定はある程度必要
  • Windows版でicloudを使って同期をする場合は注意が必要(環境によっては不安定なようです)
    Obisidianの最大のデメリットは、デバイス間のデータの同期です。EvernoteやNotionはフリープランでも制限はるが、データを同期することができる。Obsidianにもそういって機能はあるが有料だ。他のクライドストレージを使って同期することも可能だが、そういった設定が難しそうと感じる場合は、Notionなどの他のノートアプリをお勧めする。

実際にどのようなことにObsidianを使用しているのか

・メモ
・文章作成
・Webページ保存
・Todoメモなど

Evernoteからの乗り換え先候補

ここめでは、Obisidian関連のことを中心に書いてきたが、Obsdidian以外にも多くの優秀なノートアプリがある。

  • Notion
  • OneNote
  • GoogleKeep
  • Bera
  • Draft
    など、上記以外にも数多く存在する。

Discussion

ログインするとコメントできます