📝

Android StudioとGitHubの連携

1 min read

いつも忘れるのでメモ。

認証について

GitHubで使用できる認証方式は2つある。

  1. HTTPSでユーザ名とパスワードを用いたユーザ認証
  2. SSHで公開鍵を用いたサーバ認証

今回は2のSSHを使用する。
SSHを使用するには初期設定が必要だが、それ以降はコマンドライン上では認証のための入力が不要になり、GitHubに接続するための手間が軽減できる。
また、HTTPSと比較すると、データ転送を効率的に速く行うことができる。

SSH Keyの作成

以下のコマンドを入力してSSH Keyを作成する。

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "adress@mail.com"

enterを押すと格納パスが表示されて鍵が生成される。
_pub付きの方(/Users/name/.ssh/id_rsa.pub)が公開鍵。その後、パスフレーズの入力を2回求められるので任意のものを登録する。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/name/.ssh/id_rsa):  
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 

GitHubに公開鍵を登録するには、一旦テキストとしてコピーする必要がある。
以下のコマンドでクリップボードにコピーする。

# Mac
pbcopy < /Users/name/.ssh/id_rsa.pub

ブラウザでGitHubを開いて設定を行う。
Setting > SSH and GPG keys > New SSH key
TitleとKeyを入力する。Keyはさきほどコピーした公開鍵を貼り付ける。Titleは何でも良さそう。
以上で設定完了。

接続の確認

Android StudioのTerminalから以下を入力してSSH接続を行う。

ssh -T git@github.com

Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? と聞かれるのでyes
設定したパスフレーズを入力すると接続が確立される。

Hi yourname! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

GitHubアカウントが複数ある場合

Preference > Version Control > GitHubでアカウントの管理が可能。
追加する場合は+ボタンを押して認証方法を選択する。
Tokenを使用する場合はGenerate…を押して(下記が開く)Tokenを作成する。
GitHub > Setting > Developer setting > personal access tokens
Personal access tokens

Discussion

ログインするとコメントできます