🚀

Vim で 5j 5k を使い縦移動をレベルアップする

1 min read

こんにちは。Vim 8 年目にして Visual Mode を Virtual Mode と混在していたことに気づいたあのぞんです。
ここ 2 年くらい 使っていていい感じだった Vim 設定について提案します。

nnoremap <C-j> 5j
nnoremap <C-k> 5k
vnoremap <C-j> 5j
vnoremap <C-k> 5k

Vim の弱点

Vim は横移動も、縦移動も強力な力を力強く持っています。画面上至るところに数ストロークでたどり着けます。

vim horizonal
vim vertical

(<C-d> <C-f> <C-u> <C-b> 移動もあります。)

しかし弱点もあります。ここです。

vim weak point

C-j, C-k にマップする

-7 `<C-k>` kk
-6 `<C-k>` k
-5 `<C-k>`
-4 `<C-k>` j
-3 kkk
-2 kk
-1 k
0 `<curren>`
+1 j
+2 jj
+3 jjj
+4 `<C-j>` k
+5 `<C-j>`
+6 `<C-j>` j
+7 `<C-j>` jj

前後 7 行に最大 3 ストロークでアクセスできるようになりました。

その先へ

この前後 5 行目は飛んでからでないと着地点がわかりません。
set rnu も一時期使っていましたが視線移動が微妙でした。

そこで今回、常に着地点を表示しておくプラグインを作成しました。
悲しいお知らせですが、 Vim Script Plugin ではないです。
筆者は長らく VSCode(当然 VSCodeVim 入り)を使っているので作成したのは VSCode Extension になります。

拡張機能については別記事 にまとめます。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます