[書き散らし]Vivoxサンプルアプリを試してみる

1 min read読了の目安(約800字

Vivox?

チームでUnityの音声コミュニケーションのソリューションにVivoxを使うことになったので、
Vivoxを調べてみる。

https://unity.com/ja/products/vivox
Vivox の音声およびテキストチャット用ホステッドマネージドソリューション

インディー開発者は、ピーク時同時接続ユーザー数 5,000 人まで Vivox を無料で使用できます。

使用を開始するにはどうすればよいですか?
担当チームのメンバーに問い合わせるか、開発者ポータルから登録してください。

ということで開発者ポータルから登録

以降

https://qiita.com/Cova8bitdot/items/1c4288485a13e54b513f
を参考にさせていただいた。

Vivoxサンプルアプリをビルド

Vivoxサンプルアプリをビルドし、複数端末で通信させてみることにした。

iOSビルド時に警告が出る

iOSのビルドの際、vivoxのNativeBundleライブラリに対して

悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。

という警告が出る。
その場合には、Terminalを起動し、設定を変更する。

sudo spctl --master-disable 

また

https://vracademy.jp/vrunner/2017/09/build-tutorial1/
も参考にさせていただいた。

USB経由の端末に入れることができた...が

ログイン後roomに入った直後にアプリがストールしてしまう。。。

MacとWindowsでビルド

ビルドターゲットをMacとWindowsでビルドした。
両ターゲットのバイナリができて、両端末でルームに入り、Tankゲームができた!