[書き散らし] Unity のAssembly Definitionの私的メリ・デリ

1 min read読了の目安(約700字

Unity Test Runnerを使おうとして躓いた

↓記事と同じことに直面した。

https://qiita.com/segur/items/9f4e63d21df46e551b86

さらにこの記事のリンク先から、Test Runnerを利用する時にAssembly Definitionを使うか、否かの選択ができることを知った。その時のメリ・デリが書いてあった。

https://qiita.com/karinharp/items/e8b7843a01a850b5c657

Assembly Definitionをもうちょっと調べた

↓記事に目を通した。

http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2018/01/18/212834

Assembly Definitionのメリット・デメリットの簡単なまとめ

Unity使い始めの自分に関係ありそうな観点でのメリ・デリのまとめ

- Assembly Definitionを導入する
  - メリット
    - コンパイル時間を削減してくれる
    - 対象プラットフォームを細かく指定できる
    - (特にテストコードを)"Assembly-CSharp.dll"から排除できる
  - デメリット
    - Assembly Definitionのファイルの配置作業
    - 依存関係の管理
- 導入しない
  - メリット
    - 依存関係を管理しなくてよい(全部Assembly-CSharp.dll)
 - デメリット
    - 導入したときのメリットの逆

開発していく上では、コンパイル時間を削減してくれることのメリットが大きいので、導入していきたい。