🙌

Windows + WSL(2)の関する備忘録

2021/12/05に公開約900字

この記事の目的

  • WSLでよく使うコマンドを忘れたとき用

使用技術

1.WSL2
2.Windows Terminal
3.Ubuntu 20.04 LTS

現在、登録しているWSL一覧

wsl -l

バージョンを表示したい場合

wsl -l -v

エクスポート

wsl --export [distribution_name] [file_name].tar

いつでもimportできるtarファイルとして保存できる。

インポート

wsl --import [distribution_name] [path/to/install/dir] [file_name].tar --version 2

デフォルトユーザの変更

Function WSL-SetDefaultUser ($distro, $user) { Get-ItemProperty Registry::HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Lxss\*\ DistributionName | Where-Object -Property DistributionName -eq $distro | Set-ItemProperty -Name DefaultUid -Value ((wsl -d $distro -u $user -e id -u) | Out-String); };
WSL-SetDefaultUser [DistroName] [UserName]

WSLのシャットダウン

wsl -t [distribution_name]

WSL 登録削除

wsl --unregister [distribution_name]

参照元Webサイト

https://matsudamper.hatenablog.com/entry/2020/01/06/173939

Discussion

ログインするとコメントできます