資格のデジタルバッジをLinkedInに表示させる手順

3 min read読了の目安(約2100字

AWSやAzureに合格した際、デジタルバッジというものが取得できます。

これまで活用出来ていなかったのですが、LinkedInに表示する事が出来ると知ってやってみました。
ところが、AcclaimからLinkedInに連携させる手順がややこしかったので、今回この記事にまとめました。

前提条件

  • 合格した資格のサイトからAcclaimへ連携できている。
  • LinkedInが登録済みである。

Acclaimでの準備

Settingsタブの「Applications」を押下すると「Social Networks」欄が表示されます。
連携させるLinkedInのConnectを押下してください。

その後、LinkedInの認証画面が立ち上がるはずですので、「サインイン」→「許可する」と押下します。


次に、Settingsタブの「Organizations」を押下して「Auto-Accept」欄を表示してください。
各資格の会社名が表示されているので、私はチェックを入れました。


AcclaimからLinkedInへの連携

Dashboardタブを押下して各デジタルバッジを表示してください。
LinkedInへ連携したいデジタルバッジを押下します。

「Accept Badge」を押下して、次の画面で「Save Settings」を押下してください。

「Share」ボタンに変化しているはずです。

※ ここで、「Accept Badge」に一瞬赤いビックリマークが表示されて、「Share」ボタンに変化しなかった場合、Acclaimの登録メールアドレスと、当該資格の登録メールアドレスが異なっているはずです。
当該資格の登録メールアドレスに、Acclaimから「これが正しい E メール アドレスである場合は下のリンクをクリックしてください。」とのメールが届くので認証させてください。

「Share」ボタンを押下後、画面が変わるのでそのまま「Share to LinkedIn」を押下してください。

LinkedInの方で、「免許・資格」と表示されるので「保存」を押下してください。
(認証ID欄は空白のままで、次の画面に進めました。)

以上が一通りの連携手順です。
(表示される順番は連携する順のようです。)


自腹で取得した資格ですが、このように表示されると前向きな気持ちになりました。
次は、AWS認定クラウドプラクティショナーを取得して、デジタルバッジを反映させたいです。