🐦

【phina.js】タイマーゲージを作ってみた

2021/05/29に公開約1,300字

鋭意執筆中

https://zenn.dev/alkn203/books/phina-tips-rewrite

はじめに

phina.jsには、体力ゲージの実装に使えるGaugeという便利なクラスが用意されています。今回、これをベースにゲームの制限時間表示によく見られるタイマーゲージを作ってみました。

実行サンプル

https://runstant.com/alkn203/projects/7eab89e2/
  • runボタンを押すとゲージが経過時間で減っていきます。
  • pauseボタンで一時停止。recoverボタンで全回復します。

TimerGaugeクラスの仕様

以下のように、シーンに追加します。

    // タイマーゲージ
    var gauge = phina.ui.TimerGauge({
      limitTime: 30,
    }).addChildTo(this);
    gauge.setPosition(this.gridX.center(), this.gridY.center());

プロパティ・メソッド・イベント

プロパティ 説明
limitTime 制限時間(秒) デフォルト値60
メソッド 説明
run タイマー作動
pause 一時停止
recover ゲージを満タンにする
イベント 説明
onfull ゲージが満タンになった時
onempty ゲージが空になった時

その他のプロパティは、継承元のphina.ui.Gaugeクラスを参照して下さい。

使用方法

htmlファイルで以下のように読み込みます。

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/gh/phi-jp/phina.js@v0.2.3/build/phina.js"></script>
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/gh/alkn203/phina-extensions@master/ui/timergauge.js"></script>

ソースコード

https://github.com/alkn203/phina-extensions/blob/master/ui/timergauge.js

Discussion

ログインするとコメントできます