🐦

[phina.js]オブジェクトの表示順について

2022/06/13に公開約4,100字

はじめに

phina.jsには、 CSSz-indexのように表示順を指定できる機能は現時点ではありません。しかしながら、表示順の仕組みを理解して工夫することで、ある程度コントロールすることができます。

オブジェクトの表示順

phina.jsでは、シーンに後で追加されたオブジェクトほど前面に表示されます。

シーンに直接追加

var rect1 = RectangleShape().addChildTo(this);
var rect2 = RectangleShape().addChildTo(this);

rect2がrect1よりも前面に表示されます。

グループに追加

var group = DisplayElement().addChildTo(this);
var rect1 = RectangleShape().addChildTo(group);
var rect2 = RectangleShape().addChildTo(group);

後からグループに追加されたものが前面に表示されるので、rect2がrect1より前面に表示されます。

直接追加とグループの併用

var group = DisplayElement().addChildTo(this);
var rect1 = RectangleShape().addChildTo(this);
var rect2 = RectangleShape().addChildTo(group);
  • rect2はrect1よりも後に宣言していますが、rect1よりも先にシーンに追加されたグループに追加しています。
  • 結果的にrect1がrect2よりも前面に表示されます。

グループのみ

var group1 = DisplayElement().addChildTo(this);
var group2 = DisplayElement().addChildTo(this);
var rect1 = RectangleShape().addChildTo(group2);
var rect2 = RectangleShape().addChildTo(group1);
  • 先にグループ毎に表示順を決めておくパターンです。
  • 個別の要素の追加順に関係なく、グループの表示順に従うことになります。

表示順の変更

シーンに直接追加だと後々操作が不便なので、1つのオブジェクトの場合でもグループに追加していた方が良いです。

同じグループ内での変更

var group = DisplayElement().addChildTo(this);
var rect1 = RectangleShape().addChildTo(group);
var rect2 = RectangleShape().addChildTo(group);
group.children.swap(0, 1);
  • childrenで配列を参照できるので、要素の順番を入れ替えれば表示順を変えることができます。
  • 上の例では、Arrayクラスの拡張メソッドswapで1番目の要素と2番目の要素を入れ替えています。

実行サンプル(runstant)

グループ同士での変更

var group0 = DisplayElement().addChildTo(this);
var group1 = DisplayElement().addChildTo(group0);
var group2 = DisplayElement().addChildTo(group0);
var rect = RectangleShape().addChildTo(group1);
var circle = CircleShape().addChildTo(group2);
group0.children.swap(0, 1);

2つのグループを親の役割を持つ別のグループに追加して、グループ毎入れ替えています。

実行サンプル(runstant)

応用例

  • 現在のphina.jsでは、タッチイベントはオブジェクトの重なりを考慮していないので、タッチした位置にあるオブジェクトが全て反応してしまいます。
  • これまでのテクニックを使って、 前面のオブジェクトだけをタッチで消せるようにしたのが下のサンプルです。

実行サンプル(runstant)

サンプルコード

コードを見る
// グローバルに展開
phina.globalize();
// 定数
var SCREEN_WIDTH = 640;
var SCREEN_HEIGHT = 960;
var SHAPE_SIZE = 100;
var SHAPE_HALF = SHAPE_SIZE / 2;
var NUM = 25;
var SATURATION = 100;	// 彩度
var LIGHTNESS = 50;	// 輝度
/*
 * メインシーン
 */
phina.define("MainScene", {
  // 継承
  superClass: 'DisplayScene',
  // 初期化
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // 背景色
    this.backgroundColor = 'black';
    // グループ
    var group = DisplayElement().addChildTo(this);
    var self = this;
    // 繰り返し処理
    (NUM).times(function(i) {
      // RectangleShapeを作成してシーンに追加
      var rect = RectangleShape({
        width: SHAPE_SIZE,
        height: SHAPE_SIZE,
      }).addChildTo(group);
      // 画面上に収まるランダムな位置に配置
      rect.x = Random.randint(SHAPE_HALF, SCREEN_WIDTH - SHAPE_HALF);
      rect.y = Random.randint(SHAPE_HALF, SCREEN_HEIGHT - SHAPE_HALF);
      // 背景色をランダムに設定
      var hue = Random.randint(0, 360);
      rect.fill = 'hsl({0}, 75%, 50%)'.format(hue);
      // タッチ時処理
      rect.onpointend = function() {
        rect.tweener.to({scaleX: 0.1, scaleY: 0.1}, 100)
                    .call(function() {
                      rect.remove();
                      self.setRectInteraction();
                    }).play();
      };
    });
    // 参照用
    this.group = group;
    this.setRectInteraction();
  },
  // タッチ可否設定 
  setRectInteraction: function() {
    // 全体を一旦タッチ可能にする
    this.group.children.each(function(rect) {
      rect.setInteractive(true);
    }); 
    var self = this;
    // グループ総当たりで重なり具合に応じてタッチ可否を設定する
    this.group.children.each(function(rect, i) {
      self.group.children.each(function(target, j) {
        // 重なっていて表示順が下のターゲットはタッチ不可にする
        if (rect.hitTestElement(target) && j < i) {
          target.setInteractive(false);
        }
      });
    });
  },
});
/*
 * メイン処理
 */
phina.main(function() {
  // アプリケーションを生成
  var app = GameApp({
    // MainScene から開始
    startLabel: 'main',
  });
  // fps表示
  //app.enableStats();
  // 実行
  app.run();
});

Discussion

ログインするとコメントできます