🐦

【phina.js】マリオのようなブロック破壊処理

3 min read

鋭意執筆中

https://zenn.dev/alkn203/books/phina-tips-rewrite

はじめに

子供の頃始めてスーパーマリオブラザーズをプレイした時、ブロックが壊せることが斬新で、必要のないところまで壊しまくったりしたものです。今回は、phina.js でその再現を試みてみました。

ブロックの動きを観察する

マリオのブロックの壊れ方を自分なりに観察してみましたが、大まかには以下のように捉えることができると思います。

  • 4つのかけらに分かれる
  • かけらのグラフィックは斜めになっている
  • 上のかけらと下のかけらは違う角度で飛んでいる

スプライトを4つのかけらに分ける

この表現に対しては、元のスプライトを部分的に描画した4つの新たなスプライトを作ることにしました。

_marioLike: function(sprite) {
  // 縦横の分割数
  var divX = 2;
  var divY = 2;

  var image = sprite.image.domElement;
  // 分割サイズ
  var sizeX = sprite.width / divX;
  var sizeY = sprite.height / divY;
  // グリッド
  var grid = phina.util.Grid(sprite.width, divX);
  var srcRect = sprite.srcRect;
  // 分割スプライト作成
  (divX * divY).times(function(i) {
    // インデックス位置設定
    var xIndex = i % divX;
    var yIndex = (i / divX).floor();
    // 新規canvas作成
    var canvas = phina.graphics.Canvas().setSize(sizeX, sizeY);
    var x = srcRect.x + xIndex * sizeX;
    var y = srcRect.y + yIndex * sizeY;
    // canvasに描画
    canvas.context.drawImage(image, x, y, sizeX, sizeY, 0, 0, sizeX, sizeY);
    // 破片作成
    var piece = phina.display.Sprite(canvas).addChildTo(this);
    // 位置指定
    var px = grid.span(xIndex) + sprite.x - piece.width / 2;
    var py = grid.span(yIndex) + sprite.y - piece.height / 2;

    piece.setPosition(px, py);
    piece.rotation = 45;
  }, this);
}

かけらのグラフィックは斜めにする

単純にかけらのrotation45に設定しただけです。

上のかけらと下のかけらは違う角度で飛ばす

この辺りは、試行錯誤で調整していくほかありません。

// 破片を散らす
[[-120, 35], [-60, 35], [-150, 20], [-30, 20]].each(function(elem, i) {
  var piece = this.children[i];
  piece.physical.gravity.y = 4.6;
  piece.physical.velocity = phina.geom.Vector2().fromDegree(elem[0], elem[1]);
}, this);

拡張ファイル化

汎用性を高めるためにphina.effect.Breakというクラスにしてみました。

https://github.com/alkn203/phina-extensions/blob/master/effect/break.js

サンプルコード

コードを見る
phina.globalize();
// アセット
var ASSETS = {
  // 画像
  image: {
    'tiles': 'https://cdn.jsdelivr.net/gh/alkn203/assets_etc/tiles.png',
  },
};
// 定数
var GRID_SIZE = 64; // グリッドのサイズ
// メインシーン
phina.define('MainScene', {
  superClass: 'DisplayScene',
  // コンストラクタ
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // 背景色
    this.backgroundColor = 'skyblue';

    var sprite = Sprite('tiles', GRID_SIZE, GRID_SIZE).addChildTo(this);
    sprite.setPosition(this.gridX.center(), this.gridY.center());
    sprite.setFrameIndex(4);

    var self = this;
    this.onpointstart = function() {
      phina.effect.Break(sprite).addChildTo(self);
    };
  },
});
// メイン
phina.main(function() {
  var app = GameApp({
    startLabel: 'main',
    // アセット読み込み
    assets: ASSETS,
  });

  app.run();
});

runstantプロジェクト

https://runstant.com/alkn203/projects/d2add699

Discussion

ログインするとコメントできます