🍓

Raspberry Piによるクラスター構築(DataDog編)

1 min read

Raspberry Piによるクラスター構築(Ansible + k3s編)」の続き。

前回のAnsibleでのk3sのインストールに続き、DataDogの設定を行い、Raspberry Piクラスターの監視を行う。

DataDogアカウントの作成

DataDogのアカウントがなくては始まらないので、DataDogのサイトに行き、右上の「無料で試す」からアカウントを作成する。登録にクレジットカードは不要で、2週間はフルの機能が使え、2週間経った後も5台までは無料ということから、今回のRaspberry Pi 4台は無料の範囲で使える。(そもそも、Raspberry PiはIoTデバイス扱い)

今回は無料の範囲内の話ですが、個人的にはいいサービスにはお金を払うべきだと思っています。

APIキーの取得

  1. ログインしたら、左下のTeamを選択し、
  2. 上のタブからApplication Keysを選ぶ。
  3. +New Keyボタンを押し、APIキーを作成する。

AnsibleによるDataDog Agentのインストール。

DataDogからansible用のrole(DataDog/ansible-datadog)が公開されているので、Ansible Galaxy経由でインストールする。

前回作成したk3s用のAnsibleディレクトリーのトップで(あるいは、コピーをとってrolesの中を空にしてから)

ansible-galaxy install datadog.datadog

roles/datadog.datadog にダウンロードされる。

DataDog用のプレイブック datadog.yml を次のように作成。

---

- hosts: k3s_cluster
  become: yes
  roles:
    - datadog.datadog
  vars:
    datadog_api_key: "YOUR_DATADOG_API_KEY"
    datadog_agent_flavor: "datadog-iot-agent"

YOUR_DATADOG_API_KEYは上記「APIキーの取得」で作成したもの。

作成したプレイブックをプレビジョンする。

ansible-playbook datadog.yml

DataDog Dashboard

DataDogへ行き、左のメニューからDashboards > Dashboards listを選ぶ。

プリセットされたダッシュボードのSystem - Metricsを開くと、次のようなダッシュボードを見ることができる。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます